酸性食品をとり続けると、身体の中は酸性になる?

ご訪問いただき、ありがとうございます。

清水綾香です。

——

 

お肉は酸性食品って言われますね。

だから、血液が酸性になる?

 

答えは『NO』

 

 

確かにお肉はからだの中で『酸性物質』を作るので酸性食品ですが、『血液が実際、酸性になる』わけではないのです。

 

ちなみに、酸っぱいものを食べるとからだが酸性になるというも誤り、なのはご存じでしょうか。

 

お肉などのたんぱく質を食べたときはもちろんですが、私たちが生きている限りからだの中で酸は作られています。

 

体内が酸性に偏ることが現代病の引き金になるとも考えられています。

 

『酸性食品を食べても、血液は実際には酸性にならない』

 

では、からだで作られた『酸』は、いったいどこへ行ってしまうのでしょう。

 

 

実は、 からだが酸性に傾きそうになると骨からカルシウムが流出してきて酸を中和してくれます。

 

だから、血液は酸性になることなく弱アルカリ性を保つことができるというしくみ。

 

血液は、少しでも酸・アルカリのバランスが崩れると、即座に健康に支障をきたすので厳格にコントロールされているのです。

 

それは裏を返すと、

酸性食品をとり続けると、骨がもろくなる

ということでもあります。

 

そうならないために、牛乳をせっせと飲めばいいのでは?

カルシウムを食事やサプリメントでとればいいのでは?

milk-642734

そう思われますか?

 

 

カルシウムを口から入れても、胃酸が十分に出ていないと吸収されにくい性質があります。

 

カルシウムの吸収に大事なのは、食事のときに胃酸が出ているかどうかなのです!!

 

 

 

自分のからだを守るには、まずは自分のからだを知ることから。

そのために『セルフチェック』も役に立つかもしれません。

 

詳しくは、こちら(『胃酸が不足する』ことなんて、本当にあるの?

 

 

 

胃酸不足に気づかずに放っておくと、将来、転倒骨折して初めて、自分の骨量が低下していることを知ることもあるのだそうです。

そうなる前に、今から病気予防を心がけたいですね。

 

 

自分では何から手を付けてよいかわからない方は、個人セッションでお手伝いさせていただいています。『セルフチェック』のやり方や、セルフチェックの結果に合わせたセルフケアについてもご相談に応じています。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 


自分らしく、自分を生きる 自分らしい食選び 食のモノサシ

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個人セッション・講座をしています。

 

自分に合った食選び 食のモノサシ  心身の健康 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分が好きになる 幸せ 豊かさ 美しさ 安心感 心地よさ

広告