野菜を食べてるのにおなかの快調を実感できていないとしたら・・・

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

自分のからだを知ることからはじめる

『食べ方と食生活の個別コンサル』をしている清水綾香です。

 

季節の変わり目、体調の変化も感じる今日この頃です。

先日、仕事で金沢へ行きました。

 

日本海側は、おいしい食べ物がたくさんあります。

お刺身やのど黒を連日いただきましたが

とにかく、新鮮でおいしかったです。

金沢滞在中はどうしても野菜の摂取量が少なくなったので、

帰宅してからは野菜が食べたい衝動に駆られております。

 

さて、今日は野菜などに多い食物繊維について。

 

健康を考えて、野菜をとることを意識しているという方もいらっしゃいますが、

目的を持って、

たとえば、ダイエットや便秘解消のために

野菜をとるようにしているという方もいらっしゃいますね。

 

野菜をとるようになって

体調に明らかな変化が感じられた方はそのままでよいのですが、

 

野菜を増やしているのに

いま一つ、おなかの調子が良くなったとは感じられないケースも

あるのではないでしょうか。

vegetables-790022

野菜を増やしても効果を実感できない方は

いま一度、ご自身のからだのことを見てみましょう。

 

どう見たらよいのかと言うと、

野菜をたくさん食べたあと

①数時間後におなかが張る

②数時間後にガス(おなら)がたくさん出る

③おなかの痛み  などがあるかどうか。

 

細かく見ていくともっといろいろあると思いますが、

ざっくりとこんな感じでしょうか。

 

これらの症状があるとしたら

食物繊維をうまく活かせていない可能性が考えられます。

 

私たちヒトは、食物繊維を消化する消化酵素を持ち合わせていません。

そのため、食物繊維を自力で分解することができず、

腸内細菌の力を借りて分解することになります。

 

食物繊維は、腸内細菌の発酵により分解されると

その効果を最大限に生かすことができます。

 

具体的には、

善玉菌が元気になったり腸の中のpHが良い状態に保たれて、

便秘の解消や腸内環境の改善、

さらには、

ミネラルなどの栄養素の吸収アップに役立つのです。

 

腸内細菌の状態(善玉菌・悪玉菌のバランス)が整っていないと

食物繊維を分解できないので

食物繊維をたくさん食べても

体調の良さを実感しにくいというわけなのです。

 

腸内環境が整っていないとしたら、何が原因で整っていないのか。

そのことに目を向けないと、食物繊維だけとっても

ダイエットや便通の効果も半減してしまうことがあります。

 

食物繊維は野菜だけでなく、海藻やきのこにも多く、

玄米などの未精製穀類、とうもろこしや芋類にも

比較的多く含まれていますね。

 

これらの食材をとっていても効果を実感できないときは

腸内環境に目を向けることが先決なのかもしれません。

 

このような方が食セッションにいらした際は

まずは、胃酸分泌のセルフチェック法をおすすめしています。

 

気になった方、ぜひ一度、

セルフチェックをしてみることをおすすめします。

やり方はとっても簡単!

胃酸分泌セルフチェックのやり方

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【ご案内】

食セッションでは、あなたの食・健康に関する困ったや疑問を自由にお話しいただき、私の持っているものをフルに使って”今のあなたにとっての最善な方法”への気づきと行動をサポートしています。

その中では、腸内環境に関するご質問や、腸内環境改善のためのアドバイスなどもご要望いただけますよ。

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、自分の内に目を向ける食べ方と食生活の個別コンサルをしています。

 

発達遅延のお子さん 体重を増やしたいという悩み

いつもお読みいただきありがとうございます。

自分のからだを知ることから始める食セッションをしている清水綾香です。

 

発達遅延のあるお子さんを持つお母さんから、お子さんの体重を増やす食事を知りたいと、ご相談を受けました。

てんかんのお薬を飲んでいるので、その影響もあるようなのですが、体重がこの1年半増えていないのだそう。

8歳の女の子ですが、5歳児くらいの体格。

そのことを受け、かかりつけの医療機関で成長ホルモンを進められたのだそう。

 

でも、お母さんとしては成長ホルモンを使うことに抵抗があり、食事でできることを知りたいと希望しています。

image

発達障害のお子さんについて、日本では『療育』が主流となっていますが、海外では発達障害は治療できる、しかも食事療法で治療できるというものだとされていると学びました。

 

でも、私は発達障害の食事療法について専門的に学んだことはありません。

食セッションでサポートした実績もありません。

 

相談してくださったお母さんにはそのことを正直にお伝えしましたが、それでもお願いしたいと食セッションパーソナルをお申込みくださいました。

 

私は発達障害の食事療法について専門的に学んだことも、食のサポートをした実績もありません。

 

でも、私が学んだ『消化分解・吸収』のことが大いに関わっているのは知っていました。

 

私自身が子どもを持つ親になり、子どもの成長や栄養について興味を持つようになったので、発達障害についてもいくつか書籍を持っていました。

 

この機会をきっかけに、書籍にある内容を少しずつ勉強して知識の整理をすることにしました。

 

自分なりに咀しゃくして、ブログにも少しずつ書いていこうと思います。

 

 

今回のご相談にある『体重を増やしたい』という内容に対しても、単に効率よくカロリーを摂取できる食事や食品のご提案をするだけでは意味がないと思っています。

 

なぜなら、その食べた食品を吸収するのは、『腸』だから。

発達障害や自閉症のある方は、『腸』に問題を抱えているケースが多いと言われています。

 

また、体重を増やすといっても、体脂肪だけで増えても意味がないですよね。

とくにお子さんですから、からだを一回り大きくするにはそれだけ新しい組織を作っていかなければいけないわけです。

そのための材料を入れてあげないと、仮に、成長ホルモンの治療を受けることになったとしても、ホルモンだけ入れてもからだは作られません。

からだを作る材料の代表格は、たんぱく質。

それに加えて、ミネラルとビタミン。

 

これらを食事から入れるわけですが、からだに入れるには、『消化分解・吸収』ができることが大前提となります。

発達障害や自閉症のある方は、『消化機能』にも問題を抱えているケースが多いのだそうです。

 

単に、『〇〇の栄養素が足りないから、▲▲▲をとるといいですよ』なんていうひと筋縄ではいかないものなのです。

 

だからといって、投げ出したりあきらめるのではなく、できることを見つけて、小さなことから1つずつやり続けることが大切なのです。

『ひとりで取り組むにはハードルが高い・・・』と悩むお母さんのために、私たちのようなサポーターが存在させていただけるのだろうと思います。

image

お役に立てること、精いっぱいさせていただきます。

 

【お知らせ】

食セッションでは、身近なものを使って自分できるセルフチェックを取り入れた健康管理術と、あなたらしい食スタイルの提案をしています。

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、体内環境に目を向けることをベースにした食のセッションを開催しています。

人体の中で脳の次に精巧な臓器は、『腸』なのですね

いつもお読みいただき、 ありがとうございます。

体内環境に目を向けた食のセッションをしている清水綾香です。

 

腸は排泄するための臓器だと思っていませんか?

栄養や水分吸収するための臓器だと思っていませんか?

確かに、その機能も私たちが生きていくうえで重要なのですが、腸には意外な一面もあるので、シェアしたいと思います。

 

腸には、人体の中の他の部位とは比べものにならないくらい、たくさんの神経が集まっています。

さまざまなシグナル物質が集まってくる場所であるのに加えて、神経伝達物質や神経回路もたくさんあって、脳の次に精巧な臓器なのが腸なのだとか。

脳の次に精巧な臓器って、心臓ではないのですね!

しかも、化学的にも脳と同じような複雑なしくみを持っていることから、『腸脳』という言葉で説明されたり、『腸は第2の脳』と言われますね。

体調を把握するために、脳はからだの中でどのようなことが起きているのか、情報を必要としています。

ところが、脳は頭蓋骨の中で厚い髄膜に包まれ、また、脳に入る血液はその1滴に至るまで厳重にフィルターにかけられて、ほかの臓器から隔離・保護されています。

だから、脳は自分でからだの中の情報を集めることができないわけです。

その一方で、腸はいわば”現場の真っただ中”にいる存在。

私たちが食べたもののあらゆる分子と直接触れ合い、ホルモンを血液に取り込み、免疫細胞や腸内細菌の働きも間近で見ています。

先ほど述べたように、腸は、脳にも引けを取らない巨大な神経システムを持ち、また腸の内側の絨毛(ヒダ)は伸ばしたら18メートルにも及びますが、その長さを強みに広大な表面積を使ってからだの中の全体を感じて情報を集めているのだそうです。

それが『人体の中で最大の感覚器』と言われる理由です。

私たちが知る感覚器と言えば、五感に関わる視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚がありますが、これら意識下で行なっている感覚器は腸の足元にも及ばないのだそうです。

腸は、体内の総指揮官としての働きを無意識下で行なっています。つまり腸は、これらの仕事を腸内の神経システムによって完全に自立して制御していて、脳からの指令で動いているわけではありません。

仮に、腸内神経と脳の接続を断ち切ったとしても、腸の活動は止まらないのです。

image

腸内環境が変わると
感情までもが左右されるとも言われます。

さまざまなストレスの影響で
腸内環境が変わったりもします。

からだが元気であることはもちろんですが、
気分や気持ちの状態と、
暮らしの快適さや生き甲斐などが
意外と密接に関わっているということを
日々の生活で実感することがあります。

腸の状態がどうなのかと関心を持ったり
腸の環境を乱さないようにしたりすることが
自分の心身の健康状態にそのまま返ってくる。

健やかな暮らしを送るには、
意外と腸が要なのかもしれないなとさえ思います。

まずは自分の腸の機能がどうなのか、

知ることからはじめるのが大切だと思います。

 

清水綾香の食のセッションについてはこちらから

体内環境を知る方法がわかる食のセッション

最後までお読みいただきありがとうございました。


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、体内環境に目を向けることをベースにした食のセッションを開催しています。

自分のからだに目を向けるとは?

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分らしさと出会える食べ方と食生活の個別コンサルテーション

『食セッション』をしている清水綾香です。

 

『自分のからだに目を向ける』ことが、『自分らしさに出会う』ためのきっかけの1つになると私はお伝えしています。

 

そこでよく質問をいただくのが、

『自分のからだに目を向ける』とはどういうことなの?

具体的に何をすること?

というような質問です。

 

私の言う『自分のからだに目を向ける』というのは

①自分のからだは食べた栄養を活かせる状態に整っているかな?

自分の消化分解能力はどうかな?

腸の環境はよい状態かな?

③自分の気づかないところで、食べたものによってからだをいじめていないかな?

④自分の気づかないところで、からだにムチを打っていないかな(無理を強いていないかな)?

⑤自分は満たされているかな?

といったようなこと。

痛みや不調のある箇所だけでなく、からだ全体、自分全体として捉えるようにします。

 

このサイトにたどり着いた方は、健康に気遣いされている方がほとんどだと思いますが、たとえば、健康を考えて 食べている今の食事について考えてみましょう。

毎日あれこれ工夫して食べているのに

便秘がちとか

風邪ひきやすいとか

爪がもろいとか

疲れやすい

といったことを自覚していらっしゃいませんか?

これらの『からだからのサイン』が出ていても自覚症状として自覚できていないこともあると思います。

 

このようなからだからのサインに気づいている方は、、『何が原因なのだろうか』、『食べているものが良くないのか』、『サプリメントをとっていないせいだろうか』、と悩まれているかもしれません。

 

『栄養療法』というものも徐々に一般的になってきていますが、薬ではなく、サプリメントを使って効果的に栄養素をとることで、症状を緩和したり解消する治療法があります。

栄養療法を試したい方は、栄養療法を行なっているクリニックなどへ行かれるのも一つの方法です。

 

ただ、そのときに考えなければいけないことは、

 『毎日あれこれ工夫して食べているにもかかわらず、なぜ、サプリメントで補わないといけないような栄養不足の状態になったのか』

ということです。

 

現代の食品は、野菜にしても加工品にしても、栄養素が減っているからでしょうか?

そのことも100%ないとは言い切れませんが、それだけではないというのが私の考えです。

 

私たちの健康状態は、食べている食品だけではなく、『自分のからだの状態』に左右されます。

 

どういうことかと言うと、

 

たとえば、

胃腸の役目は、食べ物から栄養素を吸収し、不要なものを便として排泄することだけではないのをご存じでしょうか?

消化分解が十分に行なえない状態が続くことは、じわりじわりと栄養不足を招くことを意味します。

これは、昨今増えているアレルギーや、子どもの発達などにも関わる問題です。

◆寝ても疲れがとれない

◆朝起きるのがつらい

◆風邪ひきやすい、治りにくい

◆コーヒーがないと頑張れない

◆食後2~3時間後におなかが張る(ガス)

◆アレルギー症状がある、悪化してきている  など、

これらは直接的、間接的に、消化分解能力や腸内の環境が関わっているものですが、長い年月を経て、健康の維持に関わる問題ばかりです。

食べ物の消化分解に必要な胃液や膵液などの消化液が十分に分泌できていないと、食べた栄養素が吸収できないだけでなく、腸内環境が荒らされます。

栄養素の吸収が不十分では栄養素の不足が起こり、からだの機能にも支障がでるでしょう。

腸内環境がよくなければ、病気にかかりやすくなったり、アレルギーや花粉症になりやすくなったり、お肌の調子がよくなかったり、子どもの成長・発達に影響が出たりもします。

 

これらの問題に目を向けるには、食べ物をあれこれと悩む前に、自分の状態を知り、それに合わせた食べ方をすることから始まります。

自分の状態を知る手がかりの一つとなる、消化液が分泌できているかとか、腸の動きはどうか、といったことをセルフチェックで確認することも大変役に立ちます。(胃酸分泌チェック、ぜひお試しください!)

 

 

健康を守るために食べるものを見直すことも大切ではありますが、自分のからだがどんな状態にあるかということに関心を持ち、その状態に合わせた食べ方、食生活を送ることのほうがもっと大切なのです。

 

ぜひ、自分のからだの中の状態に目を向けることを心がけてみてくださいね。

 

また、からだたけではなく、からだと精神の調和が大切です。

からだの使い方が感情や思考の状態に影響し、感情や思考の状態によって、からだが影響を受けます。

自分丸ごとに目を向けていってあげてくださいね。

食セッションでもご相談をお受けしています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

清水綾香の食のセッションについてはこちらから

自分らしさと出会える食べ方と食生活の個別コンサルテーション


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、体内環境に目を向けることをベースにした食のセッションを開催しています。

 

 

 

腸の中の善玉菌と悪玉菌を自分でコントロールする方法

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

体内環境に目を向けた食のセッションをしている清水綾香です。

 

最近、私が興味を持って取り組んでいること。

それは、

お腹の中の調子を自分でコントロールすること

私の場合、ある食材をとると消化不良を起こして、食べた数時間後にお腹が張ってガス感に悩まされるのです。

今話題の?!食物不耐症

c406109b82932d1027bd62a3d844a2b8_s

外食でうっかり食べてしまったりすることもまれにありますし、ご褒美と称して食べたりしています。この『ある食材』というのは、元来好物でもあったので。

そんなとき、決まっておなかの中が異変を起こします。

これまでも月見草オイルをとったり、塩酸ベタインをとったりと実験を繰り返して自分なりになす術を見出してきましたが、どれも根本改善ではないことに最近気づきまして。

それで、取り組み始めたのが腸内の悪玉菌と善玉菌のコントロール。

こんなことにハマる自分、やっぱりオタクだなぁと思ってしまう。

いやいや、自分の体調の不快を取り除く方法を研究しているわけなのだから単なるオタクじゃない、ですよね?

具体的には、胃酸をしっかり出すこと、加えて悪玉菌をやっつけてから、善玉菌にエサをあげて善玉菌を増やす、という仕組み。

うまくいくときばかりではないですが、お腹の中に”住人”がいるんだなぁ、共生しているんだなぁというのが実感できて何だか愛おしいですよ。

大事にしてあげないといけませんね、腸の中の住人たちのこと。

 

 

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから

最後までお読みいただきありがとうございました。


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、体内環境に目を向けることをベースにした食のセッションを開催しています。