しくみと体感ワークのご案内

 

 

 

カラダとココロはつながっている

しくみと体感ワーク

 

***

 

 

プロフィールはこちら

 

すでに、お申し込みを決めている方はこちらから▼

<<すぐに申し込みたい方はこちら>>

 

 

 

 

*****

 

『カラダとココロはつながっている』がわかり

自分をゆるめる生活の土台づくりに役立つ

カラダとココロの繋がりについての、しくみと体感ワークの講座です。

(2部構成です。)

 

 *****

 

 

はじめましての方へ

【はじめに】もお読みになってみてくださいね⇒ 【★】

 

 

 

 

【こんな方におすすめです】

チェック 自分を大事にしたい方

チェックカラダとココロはつながっているということに興味がある方

チェックいろいろなことに振り回されない自分になりたい方

チェック本当のリラックスができていない気がする方

チェック 副腎やストレスという言葉に反応した方

チェック食べることが好きな方

チェック必死に健康になろうとはせずに健康になりたい方

チェック どんなものを食べたらいいのか気になっている方

チェック どこかで学んだり、見聞きしたようにはできなくて悩んでいる方

 

 

 

【この会の雰囲気

定員5名の少人数で開催します。

食にこだわっている方も、こだわっていない方も大丈夫です。

食や栄養のことがわからない方も大歓迎です。

※6名様以上のグループでお申込みくださる場合は、出張など開催場所をご相談の上決定することも可能です。お気軽にご相談くださいね。

 

 

【開催日】

①9月25日  1部 11:00~12:30  2部 13:30~15:00 

②10月23日  1部 11:00~12:30  2部 13:30~15:00 

※両日とも同じ内容です

 

 

 

 【場所】

東京都(恵比寿、代々木)または、千葉県流山市

お申し込み後にご案内します。

 

image

 

【料金】

1部(しくみ) 3,500円

2部(ワーク) 3,500円

 

※ご自身のご飲食代のみ、別途ご負担いただきます。

 

 

【お申込み】

ブログトップページの「お申し込みフォーム」からもお申込みいただけます。

<<お申し込みはこちら>>

お申込み前にこちらを必ずお読みください⇒ 【★】

 

 

ご質問のある方はお問い合わせフォームからお気軽にどうぞ。

<<お問合せはこちら>>

 

 


副腎にやさしい 自分をゆるめる魔法

カラダとココロとの対話 清水綾香 個人セッション

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個人セッションと講座をしています。

アドレナルセラピー アドレナルセラピスト 副腎 副腎ケア セルフケア 副腎疲労予防 副腎疲労気味 ストレスケア ストレス 副腎疲労治療中でもできるセルフケア 副腎疲労再発予防セルフケア 副腎疲労症候群再発予防

便秘で悩んでいる方へ

ご訪問いただきありがとうございます。

 

 

Body✕Mind整え*食セッション

清水綾香です。

 

———–

 

 

このところ、便秘で悩んでいる方とお話しすることが増えています。

便秘の原因についてまとめておこうと思います。

 

この項目の内容で便秘ではなく、下痢になる方もいます。

緑色の箇所は下記に補足説明がありますので、併せてご覧くださいね。

 

【便秘の原因】

□水分摂取量の不足

食物繊維摂取量の不足

□消化分解が不十分(胃酸不足、消化酵素不足)

□腸内細菌の不足

□糖質のとり方に問題がある場合

□油脂のとり方に問題がある場合

□食事時間が不規則

□運動が足りない(とくに、おなかの筋肉を使うことが少ない)

□強い不安感、心配事、ストレスなどを抱えている

□便意を我慢することが習慣化する

□排便時に痛みがある、トイレが使いにくいなど、排便を躊躇するような原因がある

□不規則な生活リズム(シフト勤務など)

 

 

いかがですか?

上記の項目に当てはまるものがあれば

できるものからご自分のペースで改善していくと良いと思います。

 

 

食物繊維と胃酸不足について、以下に補足しますね。

 

食物繊維

食物繊維の多い食品としては、野菜、きのこ、海藻 などです。

1日1回ではなく、毎食とるようにすると良いと思います。

どのくらいとったらよいかはお腹の中の環境によっても異なってきます。

 

胃酸不足

胃酸が不足すると消化酵素が活性化しないので、消化分解が不十分になり、便秘や下痢の原因になっていることがあります。

胃酸の不足があるかどうかは自分でチェックすることができますよ。

胃酸分泌チェックのやり方はこちら

 

ご感想やご質問などありましたら下記のお問合せリンクからお気軽にお聞かせくださいね。

一般的な便秘改善の食事で効果が感じられない方はぜひ、上記の胃酸分泌チェックをしてみてくださいね。

何か、改善の糸口をつかむことができると思いますよ。

 

そして、消化分解吸収のことを理解している専門家のお話を聞いてみると良いと思います。

 

私の行なっている食セッションでもご相談いただけますよ。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

副腎にやさしい 自分にフィットする生活

Body✕Mind整え*食セッション

清水綾香のプロフィールはこちら
お問い合わせ
●ガイダンスセッション 食セッション*アンティパスト
●本セッション Body×Mind整え*食セッション
●グループ食セッション(講座) 準備中
お申込み
ホームページ

 


副腎にやさしい 自分にフィットする生活

清水綾香 Body✕Mind整え*食セッション

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個別セッションをしています。

アドレナルセラピー アドレナルセラピスト 副腎 副腎ケア セルフケア 副腎疲労予防 副腎疲労気味 ストレスケア ストレス 副腎疲労治療中でもできるセルフケア 副腎疲労再発予防セルフケア 副腎疲労症候群再発予防

【私の食歴】 食べもの選びに何を優先してきたか

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分のからだを知ることからはじめる食セッションをしている清水綾香です。

 

私はもともと食に対する興味が強く、管理栄養士という職業の影響もあり、これまでの私の人生を振り返っても、食べものの選び方にはその時期(時代?)ごとにこだわりを持って行なってきました。(うゎ、大げさだw)

私自身の成長、学びに合わせて、食べものの選び方はさまざまな変遷を遂げ、今に至っています。

私も今でこそマニアックな域に来ていると自覚していますが、(実は、自分ではマニアックではなく、研ぎ澄まされてきたと思っている)、管理栄養士になりたての頃からそうだったわけではありません。

今の私の”食のものさし”は、管理栄養士になるために学校で勉強した内容とはだいぶ変わってきているからです。

そのような見方、考え方もまったのには、自身の体調不良の経験<副腎疲労><食物過敏>や子どもを持つ親になったことも大きかったです。

最近では食べもの選びだけにとどまらず、暮らし全体において、ものを選ぶときの”わたし基準”ができてきたと感じます。

 

かと言って、とことん理詰めで選んでいるわけではないです。

表示してある内容が読み解けることには喜びを感じますが、表示に記載されている成分の特性を熟知しているとか、すべて把握したい願望があるとか、そういったことはないのです。

bulb-1239423

『知りたい!』と思ったときは調べることもありますが、気になりつつも調べようと思ったまま忘れてしまったりして、一旦はスルーしてしまうことも多々あり。

でも、”時”が来るとそのことを学ぶきっかけが訪れたり、自然な流れで情報が舞い込んで来たりするので、その流れに従うようにしています。

と言うと、聞こえが良いですが、正確に言うと面倒くさがり屋なところや忘れっぽいところもあるのですね(汗)

そこが、私の”曖昧さ”でもあり、きちんとし過ぎていなくて”ほどよい”と言っていただけるところなのですが。

 

さて、私のこれまでの変遷を書き出してみました。

①栄養バランス優勢期

②栄養の”質”優勢期

③食の安全性優勢期

④自分のからだの状態優勢期 ←今ここ

 

 

私としては、各世代とも、なかなかよいネーミングができたなと自負していますが、もしかしたら、私以外の方はこのタイトルだけでは『???』なのかもしれないけど、まぁ、いいか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【ご案内】

食セッションでは、あなたの食・健康に関する困ったや疑問を自由にお話しいただき、私の持っているものをフルに使って”今のあなたにとっての最善な方法”の気づきと行動をお手伝いをしています。

その中では、ご自身の食のものさしづくりについてのご相談、私の”食のものさし”についての素朴なご質問など、ご希望があればお話させていただくことができますよ。

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、自分の内に目を向ける食べ方と食生活の個別コンサルをしています。