食生活に気を付ける って、どこまでやったらいいの?

ご訪問いただきありがとうございます。

 

清水綾香です。

 

———–

 

 

食生活は、【①食事の準備 ②食べる ③食べた後の影響】という一連の流れの中で、いろいろな要素が複雑に絡み合って、その人自身に影響を与えています。

なぜ複雑になってしまうのかは、食事をとることが、私たち人間にとって、単に栄養素を得ることだけが目的ではないからだと感じています。

 

食べた物に含まれる成分は“栄養素”だけではなく、食べ物の選び方によって違います。

食材の調理工程で起こる変化、食べ方・食環境などの影響・・・など、“食生活”とひと言で言ってもさまざまな要素があるのです。

 

そして、私たちは「人間」なので、食事を作り、食べることの背景に、「楽しみたい」「忙しい」「面倒くさい」とか、自分なりのこだわりポイント、自分にとって大事にしたいこと、など、人それぞれに、いろいろな事情があります。

 

そのため、通り一辺倒の

「〇〇を食べた方が良い、△△を食べない方が良い、バランスよく食べましょう」

というアドバイスでは、思いもよらない落とし穴がいくつもできてしまう、ということもあるのです。

 

せっかく食生活を整えようとしているのだとしたら、自分が思い描いている通りに実際の行動が取れたほうがいいですよね。

 

でも、そうなるためには、自分で情報を取捨選択して、実際にどんな行動をしたらいいか自分で考えて、食生活を整えていくことが必要になりますが、それは想像しただけでも大変そう。

 

情報もいっぱいあるし、自分の場合はどうしたらよいかに変換できないことがあるから、ですよね。

 

 

私は、そのような方に、必要な情報の取捨選択のお手伝いや、その情報を変換してその方に合った具体的な行動に落とし込むアドバイスすることで、食生活のサポートができます。

 

私がお役に立てることがありましたら、お気軽にお問合せください。

オンラインでもサポートできます。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


自分らしく、自分を生きる 自分らしい食選び 食のモノサシ

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個人セッション・講座をしています。

 

からだの中の栄養の土台から整える 自分に最善の食生活を育む 自分に合った食選び 食のモノサシ  心身の健康 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分が好きになる 幸せ 豊かさ おいしい 美しさ 安心感 心地よさ 栄養素の使い道 食を慈しむ 自分を慈しむ

広告