便秘で悩んでいる方へ

ご訪問いただきありがとうございます。

 

 

Body✕Mind整え*食セッション

清水綾香です。

 

———–

 

 

このところ、便秘で悩んでいる方とお話しすることが増えています。

便秘の原因についてまとめておこうと思います。

 

この項目の内容で便秘ではなく、下痢になる方もいます。

緑色の箇所は下記に補足説明がありますので、併せてご覧くださいね。

 

【便秘の原因】

□水分摂取量の不足

食物繊維摂取量の不足

□消化分解が不十分(胃酸不足、消化酵素不足)

□腸内細菌の不足

□糖質のとり方に問題がある場合

□油脂のとり方に問題がある場合

□食事時間が不規則

□運動が足りない(とくに、おなかの筋肉を使うことが少ない)

□強い不安感、心配事、ストレスなどを抱えている

□便意を我慢することが習慣化する

□排便時に痛みがある、トイレが使いにくいなど、排便を躊躇するような原因がある

□不規則な生活リズム(シフト勤務など)

 

 

いかがですか?

上記の項目に当てはまるものがあれば

できるものからご自分のペースで改善していくと良いと思います。

 

 

食物繊維と胃酸不足について、以下に補足しますね。

 

食物繊維

食物繊維の多い食品としては、野菜、きのこ、海藻 などです。

1日1回ではなく、毎食とるようにすると良いと思います。

どのくらいとったらよいかはお腹の中の環境によっても異なってきます。

 

胃酸不足

胃酸が不足すると消化酵素が活性化しないので、消化分解が不十分になり、便秘や下痢の原因になっていることがあります。

胃酸の不足があるかどうかは自分でチェックすることができますよ。

胃酸分泌チェックのやり方はこちら

 

ご感想やご質問などありましたら下記のお問合せリンクからお気軽にお聞かせくださいね。

一般的な便秘改善の食事で効果が感じられない方はぜひ、上記の胃酸分泌チェックをしてみてくださいね。

何か、改善の糸口をつかむことができると思いますよ。

 

そして、消化分解吸収のことを理解している専門家のお話を聞いてみると良いと思います。

 

私の行なっている食セッションでもご相談いただけますよ。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

副腎にやさしい 自分にフィットする生活

Body✕Mind整え*食セッション

清水綾香のプロフィールはこちら
お問い合わせ
●ガイダンスセッション 食セッション*アンティパスト
●本セッション Body×Mind整え*食セッション
●グループ食セッション(講座) 準備中
お申込み
ホームページ

 


副腎にやさしい 自分にフィットする生活

清水綾香 Body✕Mind整え*食セッション

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個別セッションをしています。

アドレナルセラピー アドレナルセラピスト 副腎 副腎ケア セルフケア 副腎疲労予防 副腎疲労気味 ストレスケア ストレス 副腎疲労治療中でもできるセルフケア 副腎疲労再発予防セルフケア 副腎疲労症候群再発予防

野菜を食べてるのにおなかの快調を実感できていないとしたら・・・

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

清水綾香です。

 

季節の変わり目、体調の変化も感じる今日この頃です。

先日、仕事で金沢へ行きました。

 

日本海側は、おいしい食べ物がたくさんあります。

お刺身やのど黒を連日いただきましたが

とにかく、新鮮でおいしかったです。

金沢滞在中はどうしても野菜の摂取量が少なくなったので、

帰宅してからは野菜が食べたい衝動に駆られております。

 

さて、今日は野菜などに多い食物繊維について。

 

健康を考えて、野菜をとることを意識しているという方もいらっしゃいますが、

目的を持って、

たとえば、ダイエットや便秘解消のために

野菜をとるようにしているという方もいらっしゃいますね。

 

野菜をとるようになって

体調に明らかな変化が感じられた方はそのままでよいのですが、

 

野菜を増やしているのに

いま一つ、おなかの調子が良くなったとは感じられないケースも

あるのではないでしょうか。

vegetables-790022

野菜を増やしても効果を実感できない方は

いま一度、ご自身のからだのことを見てみましょう。

 

どう見たらよいのかと言うと、

野菜をたくさん食べたあと

①数時間後におなかが張る

②数時間後にガス(おなら)がたくさん出る

③おなかの痛み  などがあるかどうか。

 

細かく見ていくともっといろいろあると思いますが、

ざっくりとこんな感じでしょうか。

 

これらの症状があるとしたら

食物繊維をうまく活かせていない可能性が考えられます。

 

私たちヒトは、食物繊維を消化する消化酵素を持ち合わせていません。

そのため、食物繊維を自力で分解することができず、

腸内細菌の力を借りて分解することになります。

 

食物繊維は、腸内細菌の発酵により分解されると

その効果を最大限に生かすことができます。

 

具体的には、

善玉菌が元気になったり腸の中のpHが良い状態に保たれて、

便秘の解消や腸内環境の改善、

さらには、

ミネラルなどの栄養素の吸収アップに役立つのです。

 

腸内細菌の状態(善玉菌・悪玉菌のバランス)が整っていないと

食物繊維を分解できないので

食物繊維をたくさん食べても

体調の良さを実感しにくいというわけなのです。

 

腸内環境が整っていないとしたら、何が原因で整っていないのか。

そのことに目を向けないと、食物繊維だけとっても

ダイエットや便通の効果も半減してしまうことがあります。

 

食物繊維は野菜だけでなく、海藻やきのこにも多く、

玄米などの未精製穀類、とうもろこしや芋類にも

比較的多く含まれていますね。

 

これらの食材をとっていても効果を実感できないときは

腸内環境に目を向けることが先決なのかもしれません。

 

このような方が食セッションにいらした際は

まずは、胃酸分泌のセルフチェック法をおすすめしています。

 

気になった方、ぜひ一度、

セルフチェックをしてみることをおすすめします。

やり方はとっても簡単!

胃酸分泌セルフチェックのやり方

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

副腎にやさしい 自分にフィットする生活

Body✕Mind整え*食セッション

清水綾香のプロフィールはこちら
お問い合わせ
●ガイダンスセッション 食セッション*アンティパスト
●本セッション Body×Mind整え*食セッション
●グループ食セッション(講座) 準備中
お申込み
ホームページ

 


副腎にやさしい 自分にフィットする生活

清水綾香 Body✕Mind整え*食セッション

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個別セッションをしています。

アドレナルセラピー アドレナルセラピスト 副腎 副腎ケア セルフケア 副腎疲労予防 副腎疲労気味 ストレスケア ストレス 副腎疲労治療中でもできるセルフケア 副腎疲労再発予防セルフケア 副腎疲労症候群再発予防

更新中 便秘や胃もたれの原因は、胃酸不足かもしれません

いつもお読みいただきありがとうございます。

Body×Mind整え*食セッション 清水綾香です。

—–

 

こんな症状、見過ごしていませんか?

きちんと食べているのに

◆便秘がち

◆おならの臭いが気になる

◆爪がもろい

◆疲れやすい

◆アレルギー体質になった

◆冷え性 など

これらは、”自覚症状”ですが、

『自覚症状』だと自覚していらっしゃらないこともあります。

これらの症状には、『胃酸不足』が関わっていることがあります。

『胃酸』と言うと、日本人には『胃酸過多』という言葉のほうが浸透しています。

でも、実際には潜在的な『胃酸不足』のほうが多いのです。

上記のような症状があると、食べているものが良くないのではないかと食品に原因を求めがちですが、自分のからだのほうにその原因があることがあります。

案外、自分のからだに目を向けることは忘れがちなんですよね。

食べれば当たり前のように消化分解し、吸収してくれていると思い込んでいるから。

『健康』とは、自分らしく生きるためのツールの1つです。

自分の健康は自分で守る時代

健康情報は、いまやたくさんあって困ることはありませんね。

からだに良いことを、いろいろ取り組まれている方もいらっしゃることでしょう。

たとえば健康的な食とは?

手作りすることですか。

オーガニックを選ぶことですか。

高価なサプリメントをプラスすることですか。

からだのために費やしているその努力やお金を、しっかり活かせているでしょうか。

たとえば、オーガニックのものは栄養的価値が高いことがメリットの1つです。

栄養的価値が高く安全性からも、できる限りオーガニックのものを選ぶのはメリットがあります。

ところが、そのような”良い食材”も食べさえすれば、その栄養が必ずからだの中に”入る”という保証はないのをご存じでしょうか。

食べたものがからだの中に入り『栄養』になるには、ある重要な”プロセス”があります。

それは、『消化分解』のプロセス。

これは、どなたでもご存じのことですよね。

でも、だれもが知っていながらも意外と見落とされているのがこの『消化分解』のプロセスなのです。

いわば『栄養の裏側』

食品の裏側に関する情報には過敏になっていても、栄養の裏側のことを知らないままでは、せっかくの努力を活かしきれていないかも。

栄養の恩恵をしっかりと受けるためには、真っ先に目を向けなければいけない大切な体内のしくみなのです。 

自分の気づかないところで『胃酸不足』があれば、当然、からだの中は栄養が不足していきます。

栄養の問題だけではありません。

◆胃酸がしっかりと出ていれば、おならが異常発生することはありません。便秘もしません。

◆胃酸がしっかりと出ていると腸内環境が悪化しにくいです。

◆腸内環境が整っていると風邪を引きにくくなります。

◆腸内環境が整っているとアレルギーが起こりにくいです。

つまり、私たちが生まれながらに持っている『消化分解能力』と『腸の機能』が私たちの健康状態を左右するのです。

まずは自分のからだの中に目を向けてみませんか。

 

 

 

 

副腎にやさしい 自分にフィットする生活

Body✕Mind整え*食セッション

清水綾香のプロフィールはこちら
お問い合わせ
●ガイダンスセッション 食セッション*アンティパスト
●本セッション Body×Mind整え*食セッション
●グループ食セッション(講座) 準備中
お申込み
ホームページ

 


副腎にやさしい 自分にフィットする生活

清水綾香 Body✕Mind整え*食セッション

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個別セッションをしています。

アドレナルセラピー アドレナルセラピスト 副腎 副腎ケア セルフケア 副腎疲労予防 副腎疲労気味 ストレスケア ストレス 副腎疲労治療中でもできるセルフケア 副腎疲労再発予防セルフケア 副腎疲労症候群再発予防

更新中 乳酸菌をとっていて、効果を実感できていますか?

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

Body×Mind整え*食のセッション 清水綾香です。

—–

 

おなかの調子を整えると言われる乳酸菌。

サプリメントやヨーグルトで意識してとっている方も多いのではないでしょうか。

でも、おなかの調子がよくなっている実感がない・・・ということはありませんか?

1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s

その原因として、2つご紹介します。

①摂取するタイミングが適切ではない。

②腸内に悪玉菌が先住者となり繁殖してしまっている。

 

これらの状態があると、サプリメントやヨーグルトで乳酸菌をとっても効果を実感しにくいと考えられます。

善玉菌である乳酸菌は、小腸にまで到達し、そこで繁殖してほしいわけですが、摂取するタイミングが適切でなければ、小腸に届く前に死滅してしまいます。

また、悪玉菌が小腸の中で先に増殖していて占領していると、せっかくとった乳酸菌が小腸まで到達できたとしても、悪玉菌のエサになってしまったり、乳酸菌が撃沈してしまいます。

そのような場合には、まずは小腸に繁殖した悪玉菌の退治をすることが先決です。

私自身、乳製品と卵の消化分解が十分にしにくいということがあります。

完全に除去はできずに食べることがありますが、大抵、腸内環境が悪くなります。

そのような状況で、乳酸菌の錠剤をとっても効果がないのを実体験済みです。

また、乳酸菌は効果的なタイミングでとることも大切なのです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

副腎にやさしい 自分にフィットする生活

Body✕Mind整え*食セッション

清水綾香のプロフィールはこちら
お問い合わせ
●ガイダンスセッション 食セッション*アンティパスト
●本セッション Body×Mind整え*食セッション
●グループ食セッション(講座) 準備中
お申込み
ホームページ

 


副腎にやさしい 自分にフィットする生活

清水綾香 Body✕Mind整え*食セッション

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個別セッションをしています。

アドレナルセラピー アドレナルセラピスト 副腎 副腎ケア セルフケア 副腎疲労予防 副腎疲労気味 ストレスケア ストレス 副腎疲労治療中でもできるセルフケア 副腎疲労再発予防セルフケア 副腎疲労症候群再発予防