【ご感想】便秘改善のためのアプローチ

2回目のセッションを受けてくださったM.Kさまから、ご感想をいただきました。

ご自分でいろいろと腸に良いことをしているのに、便秘が改善しないというお悩みでセッションを受けられました。

初回セッション 2016年12月

2回目セッション 2017年3月

 


 

 

今日はありがとうございました。

リフレッシュできて、今、穏やかな気持ちでいられています。

 

便秘については、現在も悩みであり、試行錯誤している状況ではあるけど、今回、食生活のみではなく、精神的な面によっても影響するということを私も何となく感じてはいたけれど、自分以外の人から改めてそう聞いて、食事内容やとり方ばかりに目がいって、落ち込んだり、考えすぎてしまっていたけれど、今の自分のカラダの状態を責めず、受け入れることでストレスが減り、”便秘”という悩みに新たな解決策が出てくるという期待が持てました。

 

自分の考え方がいつも同じパターンで、それに対していつも同じストレスを感じ気味だったけど、見方を変えてみることで違う感じ方ができたり、そのことによってストレスだと思っていたものがストレスではくなったり、自分を認めたり許したりすることで、気持ちが楽になれることを再認識できました。

もっと肩の力を抜いて、良い意味で”適当”に過ごそうよ、自分!と思いました。

 


 

M.Kさん、ありがとうございました。

 

症状は、カラダからのサイン。今回はそのようなお話をさせていただきました。

便秘の原因はさまざまですが、食事内容や、食べ方、体内環境が影響しているケースがある一方で、感情や精神的なものが影響していることもあります。

自分の感情(ココロの声)にフタしたままになっていて、気づかないでいるとカラダがその声を代弁するかのように症状を出すのです。

 

個人セッションでは、あなたのお話をじっくりと、さまざまな切り口でお話しいただき、その方の状態に合わせた道しるべをお示ししています。

 

 

【関連記事】

便秘の主な原因

野菜を食べているのにおなかの快調を実感できていないとしたら・・・

腸を荒らす食生活とは

 

 


自分らしく、自分を生きる 自分らしい食選び 食のモノサシ

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個人セッション・講座をしています。

 

自分に合った食選び 食のモノサシ  心身の健康 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分が好きになる 幸せ 豊かさ 美しさ 安心感 心地よさ

広告

便秘の主な原因(2018年1月更新済)

ご訪問いただき ありがとうございます。

清水綾香です。

 

———–

 

 

このところ、便秘で悩んでいる方とお話しすることが増えています。

便秘の原因についてまとめておこうと思います。

 

この項目の内容で便秘ではなく、下痢になる方もいます。

 

 

【便秘の原因】

①食事内容が影響しているケース

□水分摂取量の不足

□食物繊維摂取量の不足

□糖質の過剰摂取

 

 

②食べ方、自分の体内環境の状態が影響しているケース

□消化分解が不十分(胃酸の不足、消化酵素の不足)※この記事の末尾に、消化力チェックが自分でできる方法についてご紹介しています。

□腸内細菌の不調和(善玉菌より悪玉菌が優勢)

□不規則な飲食パターン(ダラダラ食い、ムラ食い、過食・絶食を繰り返す、など)

 

 

③生活リズム、無意識の習慣などが影響しているケース

□運動が足りない(とくに、おなか周りの深部筋肉=インナーマッスルを使うことが少ない)

□姿勢が悪い

□呼吸が浅い

□身体が冷えている、低体温(36℃未満)

□便意を我慢することが習慣化している

□排便時に痛みがある、トイレが使いにくいなど、排便を躊躇するような原因がある

□不規則な生活リズム(シフト勤務など。自律神経の調和が乱れるため)

強い不安感、心配事、ストレスなどを抱えている(精神的要因)

 

 

④腸の状態が影響しているケース

□腸のねじれなど、腸の物理的な特性(腸のねじれは、遺伝的な要因が大きいそう)

□胃下垂による影響(胃下垂により腸が圧迫されたり、胃と腸が癒着して腸の動きが鈍くなる)

□下剤の使い過ぎにより、大腸の本来の便意を催す働きが乱れる

 

 

 

いかがですか?

ほかにも、私が知らないだけで、便秘の原因だと言われているものがあるかもしれません。

いずれにしても、当てはまるものや心当たりがあれば、その”根本的な部分”を見直していくことが、再発防止に繋がります。”根本的な部分”がどこにあるのか、何なのかは、人それぞれです。

できるものから、気づいたことから、ご自身のペースで改善していかれると良いと思います。

 

 

便秘に良いとされることをいろいろやっているのに、効果を感じられない場合は、個人セッションにいらしてみてください。ホリスティックな視点(カラダ全体の調和をみる)でお話を伺っております。

 

 

 

最後に・・・

 

 

自分でできる 消化力チェック

食べたものの消化分解が不十分だと、未消化のものが腸へ流れ込み、便秘や下痢の原因になることがあります。

未消化の食べ物が腸へ流れ込むことで、アレルギー体質になったり、アレルギーが悪化したりするケースもあります。

消化力の不足があるかどうかは自分でチェックすることができますよ。

一般的な便秘改善のための食べ物を意識的に摂っているのに効果が感じられない方は、ぜひ一度、ご自身の消化力をチェックしてみてください。

消化力チェックのやり方はこちら

 

ご感想やご質問などありましたら、当サイトのお問合せリンクからお気軽にお聞かせくださいね。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

【関連記事】

野菜を食べているのにおなかの快調を実感できていないとしたら・・・

腸を荒らす食生活とは

人体の中で腸の次に精巧な臓器は『腸』なのですね

 

 

 


自分らしく、自分を生きる 自分らしい食選び 食のモノサシ

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個人セッション・講座をしています。

 

自分に合った食選び 食のモノサシ  心身の健康 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分が好きになる 幸せ 豊かさ 美しさ 安心感 心地よさ

【ご感想】TVやネットでは得られないアドバイスをいただけたのが良かったです

2016年12月にセッションを受けてくださったM.Kさまから感想をいただきました。

 

ご自分でいろいろと腸に良いことをしているのに、便秘が改善しないというお悩みでセッションを受けられました。

 


 

①セッションを受ける前はどんな気持ちでしたか?

TVやインターネットの情報で”便秘に良い”と言われている食べ物(甘酒、雑穀米、オリーブ油など)や食べ方(よく噛む)に気を付けているつもりだけど効果を感じられず『なんでだろう?』『何がいけないの?』と言う状態。

 

②セッションの気に入った点はありますか?

腸は便通のみならず、免疫など様々な面で重要な臓器であることを知り、腸内環境を整える上で、食べたものを消化する力が弱いと便秘になりやすいと教えてもらったこと。消化(する力)を高める食事方法や食事と一緒にとると良いものも教えてもらったので試してみたい。

 

③セッションを受けていなかったら、今頃どのように過ごしていると思いますか?

”からだに良い”と言われているものをとっているから、健康に気を付けている・・・と思うだけの気持ちと、反面、効果を感じないという疑問を持ち続けている日々を送っていると思う。


 

M.Kさん、ありがとうございました。

 

 

便秘のような慢性的な症状は、『〇〇を変えたら一発で解消した』という方がいる一方で、大元の問題がどこにあるのか、さまざまな側面に目を向けて1枚1枚はがしていくことで改善につながるケースがあります。そのため、単発セッションでは結果が出にくい特徴があります。

私の個人セッションは、3ヵ月以上の期間をかけてじっくりとお客様のお話を伺いながら、進めております。

 

 

 

【関連記事】

便秘の主な原因

野菜を食べているのにおなかの快調を実感できていないとしたら・・・

腸を荒らす食生活とは

 

 


自分らしく、自分を生きる 自分らしい食選び 食のモノサシ

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個人セッション・講座をしています。

 

自分に合った食選び 食のモノサシ  心身の健康 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分が好きになる 幸せ 豊かさ 美しさ 安心感 心地よさ

野菜を食べてるのにおなかの快調を実感できていないとしたら・・・

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

清水綾香です。

 

季節の変わり目、体調の変化も感じる今日この頃です。

先日、仕事で金沢へ行きました。

 

日本海側は、おいしい食べ物がたくさんあります。

お刺身やのど黒を連日いただきましたが

とにかく、新鮮でおいしかったです。

金沢滞在中はどうしても野菜の摂取量が少なくなったので、

帰宅してからは野菜が食べたい衝動に駆られております。

 

さて、今日は野菜などに多い食物繊維について。

 

健康を考えて、野菜をとることを意識しているという方もいらっしゃいますが、

目的を持って、

たとえば、ダイエットや便秘解消のために

野菜をとるようにしているという方もいらっしゃいますね。

 

野菜をとるようになって

体調に明らかな変化が感じられた方はそのままでよいのですが、

 

野菜を増やしているのに

いま一つ、おなかの調子が良くなったとは感じられないケースも

あるのではないでしょうか。

vegetables-790022

野菜を増やしても効果を実感できない方は

いま一度、ご自身のからだのことを見てみましょう。

 

どう見たらよいのかと言うと、

野菜をたくさん食べたあと

①数時間後におなかが張る

②数時間後にガス(おなら)がたくさん出る

③おなかの痛み  などがあるかどうか。

 

細かく見ていくともっといろいろあると思いますが、

ざっくりとこんな感じでしょうか。

 

これらの症状があるとしたら

食物繊維をうまく活かせていない可能性が考えられます。

 

私たちヒトは、食物繊維を消化する消化酵素を持ち合わせていません。

そのため、食物繊維を自力で分解することができず、

腸内細菌の力を借りて分解することになります。

 

食物繊維は、腸内細菌の発酵により分解されると

その効果を最大限に生かすことができます。

 

具体的には、

善玉菌が元気になったり腸の中のpHが良い状態に保たれて、

便秘の解消や腸内環境の改善、

さらには、

ミネラルなどの栄養素の吸収アップに役立つのです。

 

腸内細菌の状態(善玉菌・悪玉菌のバランス)が整っていないと

食物繊維を分解できないので

食物繊維をたくさん食べても

体調の良さを実感しにくいというわけなのです。

 

腸内環境が整っていないとしたら、何が原因で整っていないのか。

そのことに目を向けないと、食物繊維だけとっても

ダイエットや便通の効果も半減してしまうことがあります。

 

食物繊維は野菜だけでなく、海藻やきのこにも多く、

玄米などの未精製穀類、とうもろこしや芋類にも

比較的多く含まれていますね。

 

これらの食材をとっていても効果を実感できないときは

腸内環境に目を向けることが先決なのかもしれません。

 

このような方が食セッションにいらした際は

まずは、胃酸分泌のセルフチェック法をおすすめしています。

 

気になった方、ぜひ一度、

セルフチェックをしてみることをおすすめします。

やり方はとっても簡単!

胃酸分泌セルフチェックのやり方

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 


自分らしく、自分を生きる 自分らしい食選び 食のモノサシ

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個人セッション・講座をしています。

 

自分に合った食選び 食のモノサシ  心身の健康 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分が好きになる 幸せ 豊かさ 美しさ 安心感 心地よさ