私たちが食べる目的ってなんだろう

 

 

———–

 

あなたは、何のために食べていますか?

お腹を満たすため?

元気をつけるため?

病気にならないため?

とくに目的を意識したことはない、という方も、いらっしゃるでしょう。

人によって、食べる目的、食べたい目的って、さまざまあると思います。

それらすべて、間違ってはいないと思っています。

 

わたしの捉え方では、

カラダの立場から見た『食べる目的』は(いまのところ)『エネルギーを得ること』です。

 

**

 

 

私個人について言うと、これまでずっと管理栄養士として、仕事でもプライベートでも、立場上当然という感じで、「病気にならないため」や「健康のため」に食事をしていました。意識的にも、無意識的にも、です。どこか、「私は管理栄養士である」ということに縛られていたような感じがありました。

 

でも、今は、『エネルギーを得つづけるため』に食べるのだな、という、ふんわりとしていながらも、確信を突くような意識で食べています。このエネルギーって、生命力、と言うような意味合いです。

(そして、最近は、この生きるために必要なエネルギーは、食べ物からしか得ることができないとは思っていません。さまざまな学びを通して、私の捉え方が拡大してきています。)

 

そのような意識を持つようになったからといって、より理論に基づいた食生活を送っているかと言うと、むしろその逆です。

今の私は、より自分らしく、TPOに合わせた選択をして食べていて、それは、一見するだけだと、あまり食生活に気を付けているようには見えないときさえ、あるかもしれません。

 

 

**

 

 

前置きが長くなりましたが、今回は、食べる目的について、思うことを書きます。

私たちは、栄養素を外から得ることで生きています(このような生き物を、従属栄養生物と言います)。

生きるために必要な栄養素と言えば、動くのにも、考えるのにも、休むのにも、まずは、体という肉体が維持できないと始まりません。

 

体を維持する

子どもを見ていると、小さいからだが月日が経つにつれて成長していく様子がリアルにわかるので、「栄養素が必要」と捉えやすいかもしれませんが、大人も同じです。

大人の場合、肉体組織の成長は止まっていますが、体の中では、「新陳代謝」と言って、古くなったものが新しいものに入れ替わる(作り替えられる)ということが起こっています。

それは臓器も、骨も、筋肉も、脂肪も、血管も。

 

全身は、1つ1つの細胞が集合してできていて、役目を終えた細胞が死に、新しい細胞が作られることを繰り返しています。

だから、大人も子どもも、まずは今の体を維持するために外から栄養素を得ることが必要です。

 

と言っても、実感しにくいですけどね。

 

 

車が金属の塊と表現されるように、人間は、たんぱく質の塊と、表現されます。

それは、体のほぼすべて・・・臓器、筋肉、骨、そして、体が働く(動く)ために必要な血液も、ホルモンも、神経伝達物質など、全身のほとんどすべてが、たんぱく質(アミノ酸)が材料になっているからです。

 

そして、アミノ酸(たんぱく質の材料)を使って、体や体の機能を維持するには、ビタミン・ミネラルがないと行えません。なぜなら、ビタミン・ミネラルは、アミノ酸からたんぱく質を作ったり、そのたんぱく質を使って体の組織や機能に必要な物質を作るときに欠かせない「酵素」という役割を持っているからです。

 

 

エネルギーをつくる、生きること

私たちの体の中で密かに行なわれている肉体を維持する活動、何気なく行なっている体を動かすこと、頭を使うこと、カラダを休めることにだって、エネルギーが必要です。

エネルギー(カロリー)と言うと、「ダイエット」とか「とり過ぎると太る」というようなことが連想されるかもしれませんが、もっと根っこにあるエネルギーの役割に目を向けのると、「生きる」ということと切り離すことのできないものだとわかります。

 

エネルギーを生み出すのに必要なのが、「ATP」と呼ばれるエネルギーのもと。

「ATP」は三大栄養素と呼ばれる①糖質、②脂質、③たんぱく質がもとになって、細胞の中で作られています。

その中でも、おもに、糖質と脂質を使ってATPをつくるのが、体のしくみから見て理にかなっています。

詳細は複雑なので割愛しますが、糖質と脂質からエネルギーを生み出すのには、ビタミンB群、それから、鉄、マグネシウムなどのミネラルが欠かせません。

糖質と脂質はいわば、体にとってのガソリン。

ガソリンだけあっても燃焼することはなく、ビタミンB群、鉄、マグネシウムなどが働いて初めて、燃焼工場が稼働し始める、つまりエネルギーを作り出すことができます。

 

世間では、糖質や油のとり方、運動の仕方などの話題で、『太る』とか、『痩せる』ということが語られています。

糖質の量や油の量、それらの摂るタイミング、どんな種類の運動をどのくらい行なうと良いかなども、大切なことがわかってきていますが、でもその根っこでは、ビタミンB群、鉄、マグネシウムなどのビタミン・ミネラルが適切に働くことが、カギを握っていることになります。

つまり、ビタミン・ミネラルの存在なしに、糖質や油の摂り方、運動の仕方で体重をコントロールするということは、なし得ないです(極論ですが)。

 

生きている以上、どんな食事法を信じて実践していようとも、どんな生活習慣を実践していようとも、体内でエネルギーを生み出すための活動は必ず行なわれ続けていくものであり、おもに糖質や油をエネルギー源として活用するというしくみ(ビタミン・ミネラルが欠かせない)は、若干の個体差はあるものの、人間において普遍的なこと。体のしくみがそうなっているのだから。

 

もう1つ言うと、外から栄養素を得るという場合、食べさえすれば体の中へ、含まれる栄養素がすべて取り込めるというものではない、ということを知っておく必要があります。

私たち人間の体は、小腸にある膜を通して栄養素を吸収する仕組みを持っているので、そのシステムの仕組みに合った食べ方をしていなければ、自分が思っているほど栄養素が体内に取り込まれていない、ということも起こらないとは言えません。

 

体の中はとっても、素直。

 

体の中は自然界そのままです。植物の生き方がとても参考になります。

 

 

 

私たちは、より良く生きるために、自分の体の外側の世界でいろいろなことを努力します。

何を食べたらっもっと良くなるか、何を食べない方がいいのか。

食事のこと以外にも・・・

浮腫みを取るには、冷え性を改善するにはどんなケアがいいのか、何を塗ったらもっと美しくなるか、薬はどっちがよく効くのか、この症状を取り除くにはどんな治療法が一番いいのか・・・ということも。

 

 

私のこれまでの経験からわかること、言えることは・・・

体の中で行なっている『生きるための活動』というのは、本当はもっと純粋で、シンプルなのではないか、ということ。

 

私も、まだ生きている途上ですので、まだ仮説の段階ですが。

そんなことが私の中のどこかでわかっているような気がしながら探求を続けています。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


Spiral Works

布と糸の創作家 aYa ☞ 作品はこちら

食べることは生きること(個人セッション・講座) ☞ 詳細はこちら

プロフィールはこちら

 

ストーリーのある布 美しい布 かっこいい布との出逢い 一期一会 刺繍をほどこし ビーズをあしらい ハサミを入れて 形にすることで 布に新しい生命を吹き込む あなたの夢や願いを叶える セミオーダー・オーダーも承ります

食べることは生きること 自分全体から眺める食生活の全体 食べることは栄養のことではなくカラダのこと 安心感 心地よさ 食を慈しむ 自分を慈しむ 自然の中の私たち

広告