アップデート【私の食歴】すべては自分次第だった・・・からだと心のあり方

ご訪問いただきありがとうございます。

 

食と体調の悩み・心配を解消!

食を整える前に【自分の土台】を整える

Body✕Mind整え*食セッション

清水綾香です。

 

———–

 

今の自分に至るまでの食に対する考え方がどのように変わってきたか、自分自身のためにも記しておこうと思ったから。

その時の記事はこちら【私の食歴】 食べもの選びに何を優先してきたか

 

そのときに記した『私の食の変遷』はこのようなものでした。

①栄養バランス優勢期

②栄養の”質”優勢期

③食の安全性優勢期

④自分のからだの状態優勢期 ←今ここ

 

それまで大事だと思って身にまとっていたさまざまなものが、実は不要なものだったと気づき、1枚1枚皮がむけるようにして本質に近づいてきた、そんな自分のステージの変化をこのように表現しました。

これを書いた時点で、自分はかなり本質に近いところまで到達してきているなぁ、と実感していました(ところが、まだまだだったわw)。

それまでの自分を振り返ってステージごとに振り分けていくと、この時の私は4段階目にいて、その先にイメージできるものが最終地点=『食』の本質だなと思っていて、それを『食べ物の見えない力と自分のからだが共鳴できている状態』だと表現しました。

そんな状態に最終的にはなりたいという願望を込めて。

 

 

さて、ここからこの記事の本題。

上記の4段階目と5段階目の間に、実はまだステージがあった(笑)

この2ヵ月くらいで、私はさらにひと皮むけまして、今までの自分では持っていなかった思考・感覚を手にしました。

正確に言うと、今までの自分が持っていなかったのではなく、うすうす気づいていたことだったのですが、自分のやっていることと結びついていなかっただけでした。

 

それは何かというと『自分のからだと心の状態次第』ということ。

 

よく言われますよね、からだと心は繋がっているって。

でも、これって真実味を帯びていながらどこか頼りないというか、気の持ちようでしょ?とか、感覚的な問題として片づけられてしまうものでもあったりする。

今、思い返すと、7年くらい前から私は からだと心は繋がっていて双方に影響し合っている、そしてそれが体調や気分や病気などに関わっている ということを何となく考えるようになっていました。

当時、そのことを自分なりに研究して突き詰めたいと思って必死に参考書籍を探しましたが、現実的には、それらを読む時間を作ることがないまま購入した本は放置されてしまっていた。

 

それがね、不思議なもので。

family-hand-1636615_640

ここへ来て、からだと心の繋がりについて学びを深める機会が訪れて。

これって、引き寄せっていうのかなぁ~(笑)

 

どんなに良いものを食べたとしても、吸収されなければ意味がない、吸収できるからだ作りには、消化分解のプロセスと腸内環境が大切で、消化分解が適切に行なわれ、腸が健康なら食べ物に含まれる有害なものを解毒し、排除することもできるのだということを学び、食の不安から解放されました。

食べ物を吟味したり、調達するのに多大な労力をかけることよりも(それでも100%安全は約束されないわけだし)、自分のからだの機能を最大限に活かすことをしたいと思ったから。これが私にとっての4段階目のステージでした。

 

消化管のメカニズムを知り、それに逆らわない食べ方をすることこそ、自分のからだに備わる機能を最大限に活かす食べ方。

それには、神経の働きも大いに関わり・・・そこへ、自分の内面が作用するというところにたどり着いたのでした。

 

どんなに、からだのメカニズムに逆らわない食べ方をしていても、神経の働きが良くなければ、自力で動かすことができない消化管の働きもよくはならないですから。

 

ちょっと雑な説明になってしまいますが、ストレスがかかるとからだの中ではホルモンや神経の働きが影響を受けますね。副腎疲労や自律神経失調症などがそれです。

でも、現代の社会生活においてストレスがないなんて、まぁあり得ない話で。

 

ストレスをゼロにはできなくても、減らす・増やさないためにストレス感度を抑えたり、絶対的ストレスは減らせなくても、相対的に減らすことならたいていできる。

現代のストレスって、肉体的ストレスもないわけではないけど、比率的には気疲れとか、精神的なストレスが多い。

 

メンタルとか、マインドとか、そういったことを強化して、ストレス耐性を付けて乗り越えよう!みたいなガッツがある人はいいけど、そうじゃないから負けそうになる。

こういった切り口だけから見ると、ストレスの原因が心や精神にあると思われがちだけど、心とだけ向き合っていてもつらくなるだけでなかなか改善しない。

 

だからこそ、からだと心の調和が大切ということにたどり着いたんだ。

 

なので、『私の食の変遷』を修正します。

①栄養バランス優勢期

②栄養の”質”優勢期

③食の安全性優勢期

④自分のからだの状態優勢期 

⑤自分のからだと心の状態の調和こそ大事 ←今ここ

 

からだと心の調和を図ったり、自分の内面を見つめたいというときに、安全に行なえるのが身体感覚を使って自分を知る方法なんだ。

 

心を扱うわけではないから心理学じゃない。

〇〇にはこの食材がいいよとか、この栄養素が足りないよといったことを言うだけの一般的な栄養学でもない!

 

からだ全体の調和をとっていくのが大切なんだと思ってます。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

■現在ご案内中のメニュー■

好きなものを食べて 好きなことして健康になる!

食を整える前に【自分の土台】を整えよう

・・**Body✕Mind整え*食セッション**・

 

好きなものを食べて 好きなことして健康になる!

【自分の整え方】

 

病気ではないけれど、健康とも言えない?

食べものに気を付けているけど効果がいまひとつ

アレルゲン・からだに良くないものを避け続けるには限界がある世の中

食や体調の悩み・心配をどう解消したらいいのか

 

 

心理学ではなくからだの感覚を使ったアプローチ

一般的な栄養学とは違った食のアプローチ

を組み合わせた理論で、

自分=Body✕Mindの中に【安心感】を育てる

 

 

食を活かし 自分を活かす

Body✕Mind整え*食セッション

清水綾香のプロフィールはこちら
お問い合わせ
●イントロダクション(お茶会) 食セッション*アンティパスト
●Body✕Mind整え*食セッション セッションのご案内はこちらから
●食を活かし、自分を活かす【自分=Body✕Mindの整え方】講座 ご案内はこちらから
お申込み
ホームページ


好きなものを食べて 好きなことして健康になる!食を整える前に【自分の土台】を整えよう

Body✕Mind整え*食セッション

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、自分の土台を整えて食と体調の悩み・心配を解消していくセッションをしています。

副腎疲労日記 もくじ

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分のからだを知ることからはじめる食セッションをしている清水綾香です。

 

私の副腎疲労の体験記を綴りました。

副腎疲労日記①

私が『副腎疲労症候群』と言うものを知ったきっかけ

副腎疲労日記②

【私のストレス① 会社員生活】

【私のストレス② 出産のストレス】

副腎疲労日記③

【私のストレス③ 子育てのストレス】

【私のストレス④ 自分の時間が取れないというストレス】

副腎疲労日記④

【私のストレス⑤ 平日は自分1人でこなすという状況】

【私のストレス⑥ 自分のからだに合わない食べものの摂取】

副腎疲労日記⑤

【私のストレス⑦ 有害金属の体内蓄積】

【私のストレス⑧ ものごとの受け止め方】

【私のストレス⑨ 私のストレス発散法がストレスだった件】

 

【ご案内】

食セッションでは、あなたの食・健康に関する困ったや疑問を自由にお話しいただき、私の持っているものをフルに使って”今のあなたにとっての最善な方法”の気づきと行動をお手伝いをしています。

その中では、私の副腎疲労の体験やその対処法についてもお話もさせていただくことができますよ。

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、自分の内に目を向ける食べ方と食生活の個別コンサルをしています。

副腎疲労日記 その④

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分のからだを知ることからはじめる食セッションをしている清水綾香です。

 

私の副腎疲労の体験記を綴っています。

これまでの記事はこちら。

副腎疲労日記①

副腎疲労日記②

副腎疲労日記③

 

【私のストレス⑤ 平日は自分1人でこなすという状況】

初めての子育て。わからないことだらけですよね。

経験者からしたら大したことないことでも、神経質に心配してしまったり。

 

子どもの様子や、自分のやり方がどうなのかなど、誰かに聞いてもらいたい。確認したい。安心したい。

子どもの成長はどの年代においても、千差万別です。

だからこそ、四六時中一緒にいる人でないとわからないこと、四六時中でなくとも一緒に暮らしている人でないとわからないことがたくさんあるのです。

だから、ほかのママさんや一緒に暮らしていない親に相談しても、本当のところはわかってもらえない。

私のやり方や、子どもへの接し方など直接見ていてくれるわけでもないから、せっかくいただいたアドバイスもなんだかしっくりこない。

そんなとき、やっぱり頼りになるのは旦那さんだと思います。

 

私の旦那さんは、とても協力的で子育てや家事も参加してくれます。

でも我が家は、旦那さんの帰宅が遅いので、平日はほとんど母子家庭に等しい状況でした。

 

授乳、おむつ替え、洗濯、買い物、食事づくり、掃除、浴槽を洗ってお風呂の準備、入浴、寝かしつけ、夜中の授乳&おむつ替え。

結婚してからもある程度自分のペースを保ち、出産するまでずっと会社員をしていた私の生活から一変です。

子どもと過ごす時間や専業主婦であることが楽しく幸せでしたが、誰にも頼れないのはちょっと負担に感じることもありました。

 

今となっては、記憶にも残っていないようなことがいろいろあったと思います。

日常の中のちょっとした気がかりや不安、疑問、大変さを聞いてくれて、実践的なアドバイスをしてくれる人がいてくれるだけで、違うんですよね。

でも、旦那さんとは、朝の出勤前の慌ただしい時間しか顔を合わせられないことが多かったので、なかなかゆっくり話すことができなかった。

 

そして、今の私だったら、子育ても笑ってやり過ごせたんじゃないかと思う。

旦那さんへの伝え方もたとえば交換日記を作とか?!わかりませんけど、何か自分のストレスを開放できるような手立てを考えられるんじゃないかと思うのです。

でも、当時はそれができなかったんですよね。

baby-1399332

【私のストレス⑥ 自分のからだに合わない食べものの摂取】

そして娘が2歳なって間もない2013年12月、アプライドキネシオロジー検査により卵と乳製品が私には合わないということがわかったのでした。

(この辺りはフードアレルギー日記のところで詳しく書くつもりです。)私のフードアレルギー日記 その①

ストレスが長期間かかっていると、副腎に負担がかかるだけでなく、アレルギーも出やすくなったり悪化したりします。

アレルギー反応が体の中で起こると、それはからだにとってストレスでもあるので、副腎の負担になります。

つまり、副腎疲労とアレルギーの関係は鶏と卵の関係に似ていると言えます。

私の場合、どちらが先だったのかということまではわかりません。

とにかく、副腎疲労を改善するには、副腎への負担になっている要素を洗い出して、一つひとつ負担にならないものにしていくことが最良の治療であり特効薬なのです。

 

続きはまた今度。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【ご案内】

食セッションでは、あなたの食・健康に関する困ったや疑問を自由にお話しいただき、私の持っているものをフルに使って”今のあなたにとっての最善な方法”の気づきと行動をお手伝いをしています。

その中では、私の副腎疲労の体験やその対処法についてもお話もさせていただくことができますよ。

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、自分の内に目を向ける食べ方と食生活の個別コンサルをしています。