はじめに

 

 

私たちは人生の節目節目で守りたいものが増えたり、強く叶えたい夢を見つけると、【健康であること】を自分事として意識するようになります。

妊活中、妊娠中、大切な我が子を守りたい、

子育てしながら仕事もしたい、仕事で成功したい、自分の力を発揮したい

いつまでも若々しくいたい、年をとっても寝たきりになるのは避けたい、など。

 

からだあっての自分ですものね!

 

そんなタイミングが訪れると、自分の生活を振り返りますね。

健康に良さそうなことを始めてみたり。

ジム通いを始める、食べるものを考えるようになる、ダイエットに効く食べ物や健康食品をとる、など。

 

私はずっと管理栄養士として【健康】というキーワードを自分の立場から追求してきました。

【健康】のために食を大切にすることは、とても重要なことだと思っています。

なぜなら、私たちは食べたものから栄養を得るというしくみで生命を維持したり、新しい生命を作り出したりしているからです。

でも、『食べること』を大事にしようとすればするほど、食への不安感が高まり、たくさんの情報に翻弄され何が正しいのかわからなくなったり、気を付けるべきことが増えて苦しくなったりするのを経験する方も少なくないのです。

 

『気にしてもしょうがない』『気にしないのが一番!』という生き方も一理ある(笑)

気にしないで好き勝手にする生き方で健康から遠ざかっていく人がいる一方で、好き勝手にしているのに病気にならない人がいる。

その違いは何なのか。

 

気にしないで健康になるには、心底『気にしない』自分になれるかどうかだと思っています。でも、心底気にしない自分になり切れない人もいる。結構いる。

 

 

 

健康でいるためには

食や体調の悩みや心配から解放されるには

健康に良いとされるものを食べ

健康に良いとされることを

しなければいけないのでしょうか。

 

 

 

私が紆余曲折しながらたどり着いたのは、

求めるものを食べて なりたい健康を手に入れる

【私】になればいいじゃない♪

ということなんです。

 

 

そこには、

自分らしさ、個性

自分に素直であること

自然界の中の生き物の1つであること

そんなキーワードも込められています。

 

 

そんな【私】になるために

自分の中に頼もしい土台】

作ることから始めませんか

というのが私からの提案なのです。

 

 

 

【土台づくり】とは

すでに持っている能力を活かせる体内環境づくりと

からだの声を聴けるようになる自分づくり

 

 

 

幸せも健康もその上にあるものだと思うから。

 

 

 

心理学ではなくからだの感覚を使ったアプローチ

一般的な栄養学とは違った食のアプローチ

を組み合わせた理論で、

自分=Body✕Mindの中にある【大丈夫】に気づき育てる

ことをベースにしたメニューを展開しています。

 

 

プロフィールはこちら

イントロダクション  食セッション☆アンティパスト

個別セッション  Body✕Mind整え*食セッション

講座  食を活かし、自分を活かす【自分=Body✕Mindの整え方】講座

 

 

Body✕Mind整え*食セッション 清水綾香