食セッション☆アンティパストのご案内 (ワークショップ)

image

ご訪問いただきありがとうございます。

自分が好きになるBody✕Mind整えコンサルテーション

・・**食セッション**・・をしている清水綾香です。

———–

 

食セッションでは、Body✕Mindを整えてその方がその方らしさを取り戻すのを応援する個別コンサルテーションをしています。

その中でもご紹介するツールを使って、

『自分らしさを知るのに役立つ実践的なワーク』を一緒にやってみる会を開催します。(不定期)

 

それが、

Body✕Mind✕Foodがテーマのお茶会 『食セッション☆アンティパスト』です。

 

・・・・・・・・・

 

『アンティパスト』はご存じの通り、イタリア料理の前菜のこと。

和食の『先付け』ではなく

フレンチの『オードブル』でもなく

イタリアンの『アンティパスト』にした理由は・・・とくにないのですが(笑)

しいて言えば、

私はイタリアンが好きだということと(和食も同じくらい好きなのですが)

言葉の音・響きが上記の3つの中では一番好きだなと思ったからです。

 

・・・・・・・・・

 

【セッション形式】

定員5名の少人数グループで開催するワークショップです。

※5名様以上のグループでお申込みくださる場合は、開催場所をご相談の上決定することも可能です。お気軽にご相談くださいね。

 

 

【内容】

各会ごとの参加者の皆さまが抱えているものや、その場の雰囲気で、内容は多少変わります。

健康になるために必要なこと、してはいけないこと

食生活を快適にするためにどうしたらよいか

自分の人生を快適にするためにどうしていったらよいか

などなど。

ひとそれぞれの気になっていることや、悩みを自分で解決に導いていけるようなワークショップです。

 

 

【所要時間・料金】

90分 5,000円(ご自身のお飲み物代を、別途ご負担くださいね)

 

 

【このセッションで得られるもの】

◆自分で、自分を健幸にするために役立つ実践的なワーク

◆なるべくお金をかけずにできるワークや健康法

◆あなたのお気持ちさえ合えば、今日からできることばかりが得られます

 

 

【こんな方におすすめ】

◆女性として輝きたい方

◆自分の足で、地に足をつけて歩んでいきたい方

◆自分らしさを知りたい方

◆本当に穏やかで豊かな暮らしをまだ送れていない気がする方

◆もっと身の回りの方(家族など)に優しくできるようになりたい方

 

 

【場所】

東京都、または、千葉県柏市or流山市の居心地の良いカフェ

image

流行り廃りものではなく、本当に自分のためになることをしたい

自分自身が輝いて、それを周りの方にもおすそ分けしたい

そんな、私と同じような想いのあなたと出逢えることを楽しみにしています。

お申込みはこちらから

 

 

【キャンセルおよび申し込み、ご参加にあたって】

お申込み前にこちらをご一読くださいね。

⇒ お申込みいただく前にお読みください

 

■現在ご案内中のメニュー■

自分が好きになるBody✕Mind整えコンサルテーション

・・**食セッション**・(90分間の個別セッション)

あなたは自分自身を楽しめていますか?

あなたのBodyとMindは自分の人生を楽しめる環境が整っていますか?

健康に気をつけているだけでは
健康には向かっていかないのです

自分の心と向き合っても幸せは感じられないのです

その前にやること

忘れていませんか?

自分が好きになるBody✕Mind整えコンサルテーション

清水綾香の食セッション

清水綾香のプロフィールはこちら
お問い合わせ
●自分が好きになるBody✕Mind整え個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから
●Body✕Mind✕Foodがテーマのお茶会(ワークショップ) 食セッション☆アンティパスト
お申込み
ホームページ

 


清水綾香の食セッション ~幸せを感じられる生き方と食べ方の個別コンサルテーション

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、自分の内を大切にする生き方と食べ方の個別コンサルテーションをしています。

 

今、あなたが行き詰っているとしたら

red-clover-1589448_1920

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分と大切な方の健康を願う女性に寄り添う食育サロン

自分のからだを知ることからはじめる

食セッションをしている清水綾香です。

 

自分一人で行き詰まっていることがあるとしたら

誰かヒントをくれるような人の話に

耳を傾けることが突破口になることもあります。

 

それが、ネット情報なのか

ママ友との何気ない会話なのか

信頼できる専門家なのかは

ある意味、『出逢い』ですね。

 

もっと正確に言うと

『受け取れる器』を自分自身が

持っているかどうかということ。

 

器とは、別の言い方をすると

『アンテナ』でもあるかな。

 

次に、

どんなによいヒントを受け取ることができても

それを実行しなければ何も状況は変わらない。

 

でもね、

今の状況を変えなければいけないか

と言うと、

それもまた選択権は自分にあるのですよね。

 

ヒントを受け取ったうえで、

それを『実行はしない』、『今の状況を温存する』

という選択もまた『〇』なのだと思っています。

 

もう一つ知っておいてほしいことがあります。

 

それは、

この『実行しない』というのが

実際には、実行したいとは思っているのだけど

どうしても『できない』ケースがあるということ。

 

そのようなケースにはタイプがあって、

今は忙しくて単にその気になれない、

時間がないということもある一方で

お母さんの『栄養状態』『からだの状態』が

原因として潜んでいるケースもあるということ。

 

やったほうが良いのだとわかるけど

できない、からだが動けない。。。

 

思い当たる女性はちょと振り返ってみてくださいね。

 

◆あなたの若いころの食生活や体調はどうでしたか?

 

◆妊娠中の、食生活や体調はいかがでしたか?

医師に指摘されたことはありませんでしたか?

 

◆産後の食生活や体調はいかがでしたか?

 

お母さんの栄養状態とお子さんの栄養状態は

似ているケースが多いと言います。

 

お母さん自身が自分のからだに目を向け、

現状を知ることによって

何か問題点や現状を引き起こしている原因のようなものが

浮き彫りになってくると

 

お子さんの問題にもオーバーラップされ、

何か気づきがあることもある。

 

そういったところに辿り着けるかどうかも

すべて『出逢い』と『受け取れる器』次第なのだと思っています。

 

それはなぜか。

 

なぜなら、私自身がそうだからです。

 

そうやっていろいろなことを感じ、

自分のペースで、自分なりの答えで

私は歩んでいるから。

 

自分に合った『タイミング』とか

『やり方』があるのです。

 

だから、心配しないで。

———-

このことをブログに書こうと思ったきっかけをくれた

できごとがありました。

その時の投稿はこちら。

子どもの偏食の『次元が低すぎる』という悩み

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

【ご案内】

自分のからだを知ることからはじめる食セッションは、
食べることも自分軸で選べるようになるためのセッションです。

食生活の話って、けっこうプライベートなこと。

話は『食』だけにとどまらず、暮らし方から人生全体におよぶこともしばしば。。。

自分のためだけに時間をとってほしいあなたのための

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから
(90分間の個別セッション)

red-clover-1589448_1920


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、自分の内に目を向ける食べ方と食生活の個別コンサルをしています。

血液検査の結果からも栄養素の不足が推測できます

angel-1502351_640

いつもお読みいただき、 ありがとうございます。

自分のからだを知ることからはじめる食セッションをしている清水綾香です。

 

健康診断の血液検査結果の数値って、ご覧になっていますか?

 

健康診断の結果が返ってくると、『結果の見方』も同封されていますね。

その検査値が基準値から外れていると、

どんなリスクがあるのかといった説明が書かれていますよね。

 

でも、あの説明を見てもよくわからない・・・

とおっしゃる方も結構いらっしゃいます^^

(確かに、難しそうな印象あるある^^;)

angel-1502351_640

ありがちなパターンを例に挙げると、

 

悪玉コレステロールが高いと血液ドロドロ?!

循環器系の病気のリスクが上がるのか・・・。

でも、善玉コレステロールも高いから大丈夫?!

 

とか

 

GOT、GPT、γ‐GTPといった肝機能を表す数値が高いと・・・

アルコールが多いってこと?

でも、私、アルコールは飲まないけど?!

それなら、甘いものや炭水化物のとり過ぎが原因かも。

 

とか、

 

尿酸値が高いけど、痛風の痛みはある?ない?

ビールがいけない?焼酎ならいいの?

 

といった感じでしょうか。

 

食事相談の現場では、

ヒヤリングや食事記録だけをもとにしてアドバイスを行なうよりも

検査数値があるとより踏み込んだお話ができます。

ここで挙げた検査値の見方というのは『西洋医学的』見方です。

 

それとは別に、

「栄養療法」「分子栄養学」「分子整合栄養医学」「オーソモレキュラー療法」

などと呼ばれる治療法があります(以下、『分子栄養学』とします)。

 

これらは、細胞レベルで、分子レベルで

食事、栄養素を使って細胞の働きを向上させて、

病気を根本から治そうという

からだの見方、病気の見方(治療法)です。

 

血液検査を見るにあたり、西洋医学的な見方はもちろん

分子栄養学的な見方も取り入れると

からだの見方がより多角的になったり、

目の付け所を絞ることができると感じています。

 

先日、宮澤賢史先生の『血液検査の見方』を勉強する機会がありました。

勉強したと言っても、ほんの基礎の基礎ですが^^

 

血液検査の結果を分子栄養学的な見方でみてみると

ビタミンの不足の可能性がわかったり、

ホルモンや酵素が足りているかどうかといった

体内環境を推測することができます。

 

ただ、数値だけで判断するのは危険なので、

気になる症状はないかとか、食生活の内容がどうかといったことを

ヒヤリングすることも併せて行なっていきます。

 

たとえば、

コレステロールが低い場合には、

『循環器系の病気のリスクが低いということかな、よかった~!』

ということではなくて、

からだの中のたんぱく質が不足している可能性があって、

その場合には、総蛋白やアルブミンの値、

酵素群の値などと併せてみていく必要があります。

 

酵素群の中でも、γ‐GTP。

これは、アルコールの過剰で高値なる検査値ですが、

たんぱく質不足があると低値になります。

γ‐GTPが低い=肝機能は問題なしで安心、というものではないのですね。

 

検査値だけでなく、症状として

ホルモンバランスに関わることはどうか、

疲れやすいか、息切れするか、歯茎が出血しやすいかといったことなどを

ヒヤリングすることも大切。

 

 

もう一つ、分子栄養学的な見方の例を挙げると、

肝機能を表すGOT、GTPからはビタミンB群の不足の状態がわかります。

とくにGTPが低いと、ビタミンB群が不足している可能性があります。

 

このように、分子栄養学的な見方では

細胞の働きに着目しているので

西洋医学的な見方とはちょっと違ってくるそうです。

 

 

今回改めて学んでみて、数値の見方のポイントが整理できただけでなく

私たちのからだは各所が連携していて、

その協働によって成り立っているのだということ、

からだの外も内も、すべて繋がっているんだなぁと

改めて感じることができたのがとても印象的でした。

 

 

今日はちょっとマニアックなないようになりましたが、

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ご案内】

食セッションでは、

あなたの食・健康に関する困ったや疑問を自由にお話しいただき、

私の持っているものをフルに使って

”今のあなたにとっての最善な方法”への気づきと行動をサポートしています。

 

健康診断の結果をご持参いただくと、

ご相談内容に対してより具体的なお話をさせていただけますよ。

ご自身の健康だけでなく、メタボのパパさんが心配な奥さまもどうぞ。

 

【ご案内】

食セッションでは、あなたの食・健康に関する困ったや疑問を自由にお話しいただき、私の持っているものをフルに使って”今のあなたにとっての最善な方法”の気づきと行動をお手伝いをしています。。

その中で、健康診断の結果が気になっていらっしゃる方は結果表をお持ちいただければそれも参考にして食生活のお話もさせていただくことができますよ。

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、自分の内に目を向ける食べ方と食生活の個別コンサルをしています。

『胃酸が不足する』ことなんて、本当にあるの?

cup-1202809_1920

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分のからだを知ることからはじめる食セッションをしている清水綾香です。

 

2010年ごろから、自分はどうやら胃酸分泌が足りていないようだ、ということにセルフチェックで気づきました。

思いもよらないことでした。

 

今だから言えることですが・・・

『胃酸不足』の人が多いということを学んだ当初は、正直なところ『それは正しい情報なのか?』と半信半疑でした。

なぜかと言うと、管理栄養士になるための大学でも、病院に勤めてからも、そのような話は話題になったことさえなかったからです。

テレビのCMなどでも、『胃酸過多』の方が問題視されていたから。

『胃酸不足』なんて四字熟語は、まったくの初耳でした。

 

でも、実際に自分のからだでセルフチェックすると

『胃酸不足』がありそうだというのは間違いのないことで。

そういった体験、いろいろ試したこと、ほかの情報とのリンクなどにより

『胃酸不足』の重大さに気づきました。

 

今では、栄養のことを考える上で、『消化分解・吸収』という機能なくしては

語ることができない管理栄養士になりました。

 

胃酸の分泌が足りているかどうか、調べるセルフチェック方法がありますので

ご紹介させていただきます。


食事時の胃酸分泌セルフチェックレシピ
(栄養医学研究所 所長 佐藤章夫氏 監修)

《準備するもの》

・重曹(食品用) ティースプーンすりきり1杯

・水(飲用) 50cc

cup-1202809_1920
《手順》

①重曹に水を加えてよく混ぜ、重曹水を作ります。

②重曹水を、食事を食べ始める5分前に飲みほしてください。
(5分経ったら食事をスタートしてください。)

③重曹水を飲んだ時刻を書き留めておいてください。

④重曹水を飲んだあと、どこかで『げっぷ』が出るはずです。
げっぷが出た時刻を確認し、重曹水を飲んでから
どれくらい時間が経過しているかをみます。

《判定》

5分以内、できれば3分以内にげっぷが出るのが理想的です。


げっぷが出るタイミングが遅い場合は、消化力が足りていない可能性があります。

 

消化力不足は胃腸に負担をかけます。

免疫力にも影響します。

アレルギーが起こりやすくなります。

ぜひ胃酸分泌セルフチェックしてみてほしいです。

 

【ご案内】

食セッションでは、あなたの食・健康に関する困ったや疑問を自由にお話しいただき、私の持っているものをフルに使って”今のあなたにとっての最善な方法”への気づきと行動をサポートいたします。

その中では、私の胃酸不足にまつわるもろもろの体験や、セルフチェックのこと、セルフケアのことについてもお話もさせていただくことができますよ。

食べ方と食生活の個別コンサル 清水綾香の食セッションのご案内はこちらから


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、体内環境に目を向けることをベースにした食のセッションを開催しています。

今、あなたはどんな毎日をお過ごしでしょうか?

119

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分のからだを知ることからはじめる食セッションをしている清水綾香です。

 

毎日があっという間に過ぎていくなぁと思うのは、

どうやら私だけではないようですね。

 

ママ友たちと話していてもよく出てくるキーワードが、

『毎日、あっという間だよ~』

『1週間があっという間!』

 

ふと思ったのですが、子どもって、毎日をどう感じているんでしょうね。

あっという間だなぁという感覚、あるのかなぁ。

まだ人生経験短いから、時間の長短の感覚が大人とは違うのだろうな、きっと。

 

さて、話が反れてしまいましたが、

毎日、こうもあっという間だと自分のからだに目を向けたり

健康に気遣った生活習慣について考えたり・・・ なんていう時間は

なかなか持てないですよね。

 

風邪が長引いてなかなか治らなかったり、

高熱を出して数日間寝込んだり

寝込むほどの痛みではないが、

その痛みがしばらく続いて治る気配がなかったり、

歩いたり座ったりも苦痛なほど痛みを伴うような症状が出たり。

 

そんなことでもないと、自分のからだをいたわることさえ忘れががちに。

 

とくに、女性は自分のことより、

子どものため、家族のためにがんばっているから、

疲れていても動けてしまうんですよね。

 

自分が今寝込むわけにはいかない、でも私なら大丈夫!

一晩寝れば、復活!!  というあなた。

 

毎日に追われていると自分のからだの小さな変化に

気づけていないだけということもありますよ。

119

↑コレ、忙しいときの私のお助けメニュー。30分でできるワンプレートおかずです。

 

今のあなたは、日常生活にとくに支障はなく過ごせていて、

これといった不調もない(と自分では思っている)でしょうか?

 

もしくは、ちょっとした不調はあるけれども、

このくらいのことは日常茶飯事だし、周りの人と話していても普通だと思う。

日常生活に支障なく過ごせているし、病院に行くほどではないし、大丈夫!

といった感じでしょうか?

 

いつまでも病気の心配なくいられるといいですよね。

いつまでも若々しくいたいですよね。

 

そのためには、”健康によいこと”を取り入れたり、

”健康の妨げになるもの”を避けたりと、

小さな『いいこと』を積み重ねていくのがいいですよ。

 

体調を大きく崩してから健康を取り戻すのは、結構大変です。

薬が手放せなくなることもあるかもしれません。

 

薬を飲むことや通院することって、些細なことのようで

生活の中の小さなストレスの種になるものです。

 

病院で検査しても『異常なし』という程度のちょっとした不調であれば、

自分でケアしたいと思っている方も結構増えていますね。

 

日常的にからだを動かしたり、

食事に気を付けたり

アロマテラピーやメディカルハーブなどの自然療法を取り入れたり。

 

健康管理は将来の自分への投資です。

 

いつか時間に余裕ができたら、健康的な食生活について取り組もう、

って思っています!

『いつか』と言っていると、どんどん月日が経っていくのですよね。。。

(でも、その気持ちわかる、わかる^^;)

 

『食』はとても大切だとわかっているけれど、

今はとくに何もしていないなぁ・・・。

気になったときが見直すタイミングだと思いますよ。

健康管理って、『やるぞー!』と気合十分で始めるというよりも、

毎日の暮らしの中で、自分ができることを見つけて

コツコツただ続けるというだけのこと。

肩の力を抜いていきましょ~♪

 

子どもの成長にとっても『食』は大切だけど、

何から始めたらよいか・・・と思っているうちにきっかけがないままになってしまっているな。

家族みんなで取り組めること、いろいろありますよ。

みんなで取り組めると家族の笑顔が増えますね!

何から始めたらよいのかわからないときは、プロのアドバイスを受けると

見えてくるものがありますよ。

 

 

『健康寿命』という言葉、聞いたことがあるでしょうか。

 

私たち日本人の平均寿命は世界的に見ても長生きになりました。

でも、寝たきりになっていたり、

つらい闘病生活を送っていたり、

認知症になってしまったり・・・というのも現実なんです。

 

せっかくの一度きりの人生なんですから、

自分らしくまっとうしたいですよね。

 

そのための投資が日々の健康管理ですね。

 

健康のためには・・・

心のあり方・生き方、

からだを適度に動かすこと、

からだと心を休めること。

そして、食べること!

 

食に関してだけ言えば、

毎日、毎食、あなたがどんなものを食べるか

そして意外と盲点なのがどんな食べ方をするかということが

健康管理の一環になるのです。

 

一つ一つは小さなことでも、それをするかしないか、

はじめはわずかな角度の差も、

その延長線上にある将来、そこには大きな開きが生まれます。

 

その開きは、自分自身の健康面には問題とならないかもしれません。

でも、子どもの世代、孫の世代、その先の世代になって現れるかもしれません。

 

 

自分が今ここにいるのは、

先代たちが築いてくれた歴史の一部分だということを

しっかりと受け止めて、自分もその一員として

次世代につなげていきたいですね!

 

・・・と、最後は、ちょっと

重ためのメッセージで締めくくってしまいましたが、

嬉しい楽しい感謝!の気持ちで過ごすことが

一番大切だと私自身は思っています!

 

そんなふうに考える余裕を持って過ごしていきたいと思います。

自戒の念を込めて。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【ご案内】

困ったや疑問を自由にお話しいただき、私の持っているものをフルに使って”今のあなたにとっての最善な方法”の気づきと行動をお手伝いをしています。

 

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、自分の内に目を向ける食べ方と食生活の個別コンサルをしています。

『食セッション』をしている私は何者ですか?

bouquet-1463562_1920

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分のからだを知ることからはじめる食セッションをしている清水綾香です。

 

 

よく、『どんなことをしているのですか?』と

聞かれることが多かったのですが、

自分自身、大切にしたいことがいろいろありすぎて

それをうまくまとめる語彙力もなく・・・

そう投げかけられると口ごもっていました(笑)

 

今までも、自分の持っているもの・できることを活かして

セッションや講座などをさせていただいてきました。

 

その中でお客様からいただた温かいメッセージ、

さらには私の周囲にいる輝いている人たちからのメッセージなどを

ありがたく受け取りながら自分が行動しつづけたことで、

ようやく最近、一つ突破口を見つけました。

『食べ方と食生活のコンサルタント』

どうですか?

ちょっとイメージ伝わりますか?

bouquet-1463562_1920

私自身は管理栄養士という”肩書”で十分だと思っているのですが、

管理栄養士と言っても、

どんなことにこだわっている管理栄養士なのか

自分のしていること・できることが

自分以外の人にも伝わりやすくありたいというのは

以前から思っていたことです。

 

最近、自分の意識にも再びそのような考えが下りてきて、

実際に自分を掘り下げる機会も訪れました。

 

自分にとってちょうどよいタイミングって、やはりありますね。

考えたい、考えようと思っても、一生懸命捻出しようとしても

出てこないときは出てこない。

 

それは、まだ機が熟していないとか

まだ見なければいけないこと経験しなければいけないことが残っている

というサインなのではないかなぁと、いうのが

最近の私の考え方であり、実体験でもあります。

 

食生活に関しては、試しにいろいろ思いつくことを

やってみるということもするのですが、

こと、自分の人生、仕事のこと、自分の方向性、ということになると

”数を打つ”というやり方よりは、じっくりと自分を内観したい

そして、

しっくりくるかどうか

何度も何度も反芻(繰り返し考え、よく味わうこと)したい

自分の”本当の想い”と照合したい。

 

というわけで、

『食べ方と食生活のコンサル』をするのが

『清水綾香の食セッション』

です。

 

私は流動性を好むところがあるので、

この先には、一皮二皮むけた自分がいるような気もしていますが、

今は、これがしっくりきています。

 

どうぞよろしくお願いします♪♪

 

【ご案内】

食セッションでは、あなたの食・健康に関する困ったや疑問を自由にお話しいただき、私の持っているものをフルに使って”今のあなたにとっての最善な方法”の気づきと行動をお手伝いをしています。

その中では、私がこれまでに経験・体験したこと、考えたこと、私のアンテナにひっかかってきた情報などをもとに多角的に見ることができる強みを使って、私自身の食生活がどのように変遷してきたかという話もさせていただくことができますよ。あなたの食を考える上での参考にしていただけるはずです。

 

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、自分の内に目を向ける食べ方と食生活の個別コンサルをしています。

10年後、20年後、30年後の自分を想像してみることはありますか?

heart-1407248_1920

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分のからだを知ることからはじめる食セッションをしている清水綾香です。

 

5年後、自分がどうなっていたいですか?

10年後、自分は何をしていると思いますか?

自己分析やビジネスの世界でもよく聞かれるこの問いかけ。

より具体的なイメージを持つこと、

そしてそのイメージを現実のものにするためにできること、

するべきことなどをリストアップして

一つひとつ実行していく。

すると、5年後、10年後に思い描いた自分になれるというもの。

 

5年後、10年後、20年後・・・

と今よりずっと先のことを具体的に思い描くというのは、

そう簡単なことではありません。

 

自分としっかり向き合うことが肝心だな、

というのが私の経験です。

 

自分が心地よいと感じることは何だろう。

ワクワクすることはなんだろう。

心からやりたい、なりたいと思っていることは何だろう、と。

 

幸せになりたい

幸せを感じ続けていきたい。

 

あなたにとっての『幸せ』って何ですか?

heart-1407248_1920

でも、ちょっと考えてみてください。

こんな風に、

この先の目標や夢について考える余裕があること自体、

なんと幸せなことだろと思いませんか?

 

だって、それらを実現できる”からだ”があって、

それが実現できる健康状態にあるということが

大前提になっていると思うから。

 

でも、『健康』は”当然あるもの”ではないのです。

自分の健康は、自分でしか守れない。

今の積み重ねが5年後、10年後、20年後の

自分の健康を作っています。

自分の健康状態の変化は自分でしか気づけない。

(見た目からわかることで第三者が気付いてあげられる症状もありますが。)

 

10年後、20年後、30年後、あなたはどうなっていたいと思いますか?

 

いつまでも元気でいたい。

いつまでも若々しくいたい。

やりたいこと、行きたい場所がたくさんある。

叶えたい夢がある。

 

たとえば・・・

 

子ども(孫)の成長を見届けたい。

子どもが巣立ったら、海外旅行に毎年行きたい。

そのために今から貯金をしている。

自分の天職をまっとうしたい。

など。

 

さらに、現実的なところでは・・・

なるべく病院通いをしなくて済むまま年を重ねていきたい。

とか、

 

なるべく薬をたくさん飲む生活にならないまま年を重ねていきたい。

そんな風に考える方もけっこう多いです。

 

病院通いや薬を飲み続けるって時間もお金もかかるし、

副作用のない医薬品はありません。

 

 

また、グルメ好きな方でしたら・・・

 

いつまでもおいしいものを食べられる状態でいたい。

味わえるからだでいたい。

という方もいらっしゃるでしょう。

 

食べ物を味わうには、しっかり噛めること。

味覚が正しく機能することが大切になってきますよね。

 

そのためには、

口の中を健康に保つことが大切ですが、

口の中の健康は腸の中の健康と密接な関係があります。

 

歯磨きをしているだけでは口の中の健康は保てません。

しかも、マウスウォッシュをするのはかえって逆効果なのです。

 

 

それから・・・

食べたものを消化分解・吸収できる 消化器の機能が保てていること。

 

さらに・・・

吸収したものをしっかり代謝し、いらないものを解毒して排出できる

肝臓・腎臓などの機能が保てていること。

 

 

つまり、

内臓が元気でないとおいしいものを食べ続けることができないわけです。

 

健康診断の結果が問題なかったから大丈夫???

いえ、

健康診断は病気を見つけるためのものですから、

これで引っかかっているようではすでに病気なんですよ。

 

 

そんな風に考えていくと

今ある『健康』って大事ですよね。

今ある『健康』を丁寧に守っていくしか

健康であり続けることはできないのです。

 

 

病気にはなりたくないけど、 『予防』ってなかなかできないものですよね。

 

 

こんな話も、ゆっくりお茶を飲みながらさせていただけますよ。

清水綾香の食セッション(個別コンサル)のご案内

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、体内環境に目を向けることをベースにした食のセッションを開催しています。