健康になるために

lantern-1982669_1280

ご訪問いただきありがとうございます。

自分が好きになるBody✕Mind整えコンサルテーション

・・**食セッション**・・をしている清水綾香です。

———–

 

私は、健康であることが良いことだとずっと思ってきました。

 

『健康になりたい』

『私は健康です』

『健康的な食生活を心がけています』

 

当たり前に使っているけど、『健康』ってどんな状態?

何が良くて、何が良くない?

 

◆生活に支障をきたすような困った症状がないこと?

◆健康診断の結果がよいこと?

◆食欲があり、顔色が良く元気はつらつとしている状態?

◆気持ちが前向きで生きがいを感じている状態?

 

ちょっと想像するだけでもいろいろ出てきます。

 

『健康』にはいろいろな側面があります。

からだ(骨格、内臓、神経など)

精神、心、気分、思考、意識

社会的なもの(他者との関わり、自分らしさ)

自分を取り巻く内と外の環境が、相互にうまくいっている状態が『健康』とされる。

 

私は過去に、12年間くら医療機関で栄養指導をしていました。

 

ほとんどの患者さんが『良くなりたい』と思っていますが、目指すゴールは人それぞれだと知りました。

『健康』の定義は人それぞれでいいのです。

 

医療機関を引退してから、自分なりの勉強と研究の末、気づいたことがあります。

 

それは、

『健康になろうとしなくていい』ということ。

lantern-1982669_1280

逆説的⁈

私の中でもかなり衝撃的な発想の転換でした!

 

これは、自分のからだに無頓着になることでは ありません。

健康を目指さなくていい、ということでもないのです。

 

自分の内に、自分の感覚に

気づけるようになってくると、健康になろうと考えなくてもからだは変わるということ。

 

どんな状態を健康だと思うかは、自分で決めたらいいのです。

さらに言えば、一般的な『健康的』なイメージに合わせなくていいのです。

 

『あんなふうにならなきゃ』

『まだまだ努力が足りない』

 

そうなった時点で健康からは遠ざかるのだから。

 

食べ物や運動が健康に導くわけではない。

食事に気をつけ、運動している自分の『感覚』のほうにカギがあるのだから。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

■現在ご案内中のメニュー■

自分が好きになるBody✕Mind整えコンサルテーション

・・**食セッション**・(90分間の個別セッション)

あなたは自分自身を楽しめていますか?

あなたのBodyとMindは自分の人生を楽しめる環境が整っていますか?

健康に気をつけているだけでは
健康には向かっていかないのです

自分の心と向き合っても幸せは感じられないのです

その前にやること、忘れていませんか?

自分が好きになるBody✕Mind整えコンサルテーション

清水綾香の食セッション

清水綾香のプロフィールはこちら
お問い合わせ
●自分が好きになるBody✕Mind整え個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから
●Body✕Mind✕Foodがテーマのお茶会(ワークショップ) 食セッション☆アンティパスト
お申込み
ホームページ

 


清水綾香の食セッション ~幸せを感じられる生き方と食べ方の個別コンサルテーション

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、自分の内を大切にする生き方と食べ方の個別コンサルテーションをしています。

今、あなたが行き詰っているとしたら

red-clover-1589448_1920

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分と大切な方の健康を願う女性に寄り添う食育サロン

自分のからだを知ることからはじめる

食セッションをしている清水綾香です。

 

自分一人で行き詰まっていることがあるとしたら

誰かヒントをくれるような人の話に

耳を傾けることが突破口になることもあります。

 

それが、ネット情報なのか

ママ友との何気ない会話なのか

信頼できる専門家なのかは

ある意味、『出逢い』ですね。

 

もっと正確に言うと

『受け取れる器』を自分自身が

持っているかどうかということ。

 

器とは、別の言い方をすると

『アンテナ』でもあるかな。

 

次に、

どんなによいヒントを受け取ることができても

それを実行しなければ何も状況は変わらない。

 

でもね、

今の状況を変えなければいけないか

と言うと、

それもまた選択権は自分にあるのですよね。

 

ヒントを受け取ったうえで、

それを『実行はしない』、『今の状況を温存する』

という選択もまた『〇』なのだと思っています。

 

もう一つ知っておいてほしいことがあります。

 

それは、

この『実行しない』というのが

実際には、実行したいとは思っているのだけど

どうしても『できない』ケースがあるということ。

 

そのようなケースにはタイプがあって、

今は忙しくて単にその気になれない、

時間がないということもある一方で

お母さんの『栄養状態』『からだの状態』が

原因として潜んでいるケースもあるということ。

 

やったほうが良いのだとわかるけど

できない、からだが動けない。。。

 

思い当たる女性はちょと振り返ってみてくださいね。

 

◆あなたの若いころの食生活や体調はどうでしたか?

 

◆妊娠中の、食生活や体調はいかがでしたか?

医師に指摘されたことはありませんでしたか?

 

◆産後の食生活や体調はいかがでしたか?

 

お母さんの栄養状態とお子さんの栄養状態は

似ているケースが多いと言います。

 

お母さん自身が自分のからだに目を向け、

現状を知ることによって

何か問題点や現状を引き起こしている原因のようなものが

浮き彫りになってくると

 

お子さんの問題にもオーバーラップされ、

何か気づきがあることもある。

 

そういったところに辿り着けるかどうかも

すべて『出逢い』と『受け取れる器』次第なのだと思っています。

 

それはなぜか。

 

なぜなら、私自身がそうだからです。

 

そうやっていろいろなことを感じ、

自分のペースで、自分なりの答えで

私は歩んでいるから。

 

自分に合った『タイミング』とか

『やり方』があるのです。

 

だから、心配しないで。

———-

このことをブログに書こうと思ったきっかけをくれた

できごとがありました。

その時の投稿はこちら。

子どもの偏食の『次元が低すぎる』という悩み

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

【ご案内】

自分のからだを知ることからはじめる食セッションは、
食べることも自分軸で選べるようになるためのセッションです。

食生活の話って、けっこうプライベートなこと。

話は『食』だけにとどまらず、暮らし方から人生全体におよぶこともしばしば。。。

自分のためだけに時間をとってほしいあなたのための

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから
(90分間の個別セッション)

red-clover-1589448_1920


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、自分の内に目を向ける食べ方と食生活の個別コンサルをしています。

『胃酸が不足する』ことなんて、本当にあるの?

cup-1202809_1920

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分のからだを知ることからはじめる食セッションをしている清水綾香です。

 

2010年ごろから、自分はどうやら胃酸分泌が足りていないようだ、ということにセルフチェックで気づきました。

思いもよらないことでした。

 

今だから言えることですが・・・

『胃酸不足』の人が多いということを学んだ当初は、正直なところ『それは正しい情報なのか?』と半信半疑でした。

なぜかと言うと、管理栄養士になるための大学でも、病院に勤めてからも、そのような話は話題になったことさえなかったからです。

テレビのCMなどでも、『胃酸過多』の方が問題視されていたから。

『胃酸不足』なんて四字熟語は、まったくの初耳でした。

 

でも、実際に自分のからだでセルフチェックすると

『胃酸不足』がありそうだというのは間違いのないことで。

そういった体験、いろいろ試したこと、ほかの情報とのリンクなどにより

『胃酸不足』の重大さに気づきました。

 

今では、栄養のことを考える上で、『消化分解・吸収』という機能なくしては

語ることができない管理栄養士になりました。

 

胃酸の分泌が足りているかどうか、調べるセルフチェック方法がありますので

ご紹介させていただきます。


食事時の胃酸分泌セルフチェックレシピ
(栄養医学研究所 所長 佐藤章夫氏 監修)

《準備するもの》

・重曹(食品用) ティースプーンすりきり1杯

・水(飲用) 50cc

cup-1202809_1920
《手順》

①重曹に水を加えてよく混ぜ、重曹水を作ります。

②重曹水を、食事を食べ始める5分前に飲みほしてください。
(5分経ったら食事をスタートしてください。)

③重曹水を飲んだ時刻を書き留めておいてください。

④重曹水を飲んだあと、どこかで『げっぷ』が出るはずです。
げっぷが出た時刻を確認し、重曹水を飲んでから
どれくらい時間が経過しているかをみます。

《判定》

5分以内、できれば3分以内にげっぷが出るのが理想的です。


げっぷが出るタイミングが遅い場合は、消化力が足りていない可能性があります。

 

消化力不足は胃腸に負担をかけます。

免疫力にも影響します。

アレルギーが起こりやすくなります。

ぜひ胃酸分泌セルフチェックしてみてほしいです。

 

【ご案内】

食セッションでは、あなたの食・健康に関する困ったや疑問を自由にお話しいただき、私の持っているものをフルに使って”今のあなたにとっての最善な方法”への気づきと行動をサポートいたします。

その中では、私の胃酸不足にまつわるもろもろの体験や、セルフチェックのこと、セルフケアのことについてもお話もさせていただくことができますよ。

食べ方と食生活の個別コンサル 清水綾香の食セッションのご案内はこちらから


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、体内環境に目を向けることをベースにした食のセッションを開催しています。

『からだは食べたものでできている』の盲点とは?

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分のからだを知ることからはじめる食セッションをしている清水綾香です。

 

私たちのからだは、自分が食べたものでできています。

毎日、何を選ぶかで数年後の自分のからだが変わるのです。

このようなことが一般にも浸透してきているのでご存知の方も多いでしょう。

 

そう、私たちは食べ物を食べることで、もしくはサプリメントも補助的にとることで『生きていくために必要な栄養素』を得ています。

 

『必要な栄養素』と言うと、からだを作るたんぱく質や脂質。

それらを代謝させるのに必要なミネラルやビタミン。

そして、エネルギー源となる糖質。

 

ところが、ここに盲点があります。

image

どんなに考えつくされた食事をしたとしても、厳選した食材であったとしても、その方の消化吸収力が十分でなければ、せっかくの効果を最大限に活かせていないかもしれません。

 

なぜなら、その食べたものでからだを作るには、栄養素を『からだにとり込む』ことが要だからです。

 

からだに取り込むとは小腸から吸収させるということ。

 

たとえば、たんぱく質。

私たち生物のからだは『たんぱく質の塊』と言われます。

からだがどんどん大きくなっていく子どもはもちろんですが、からだのサイズが決まった大人であっても、新陳代謝で、役割を終えたものが新しいものに置き換わるということが常に行われているので、たんぱく質をこまめにからだに入れることは欠かせません。

 

食べた魚や肉、卵、大豆製品などのたんぱく質が、そのまま私たちの筋肉になるわけではないんですよ。

食べたたんぱく質が、からだの中で何かの材料として使われるためには、一度、小腸から吸収することができるサイズにまでバラバラにされることが必須条件。

これが、咀嚼に始まり、消化管での消化液によって行なわれる消化分解です。

バラバラの状態にされてようやくからだの中に入ると、改めて必要な形に作り替えられてからだの何らかの組織や成分として働く、という手順を踏んでいます。

 

バラバラに分解されたたんぱく質とは=アミノ酸のこと。

アミノ酸がないと作れないものは・・・

筋肉だけでなく、

骨や

血液や

ホルモンや

免疫物質や

メラトニン(←安眠のホルモン)や

セロトニン(←幸せホルモン)など・・・

さまざまな生きていくうえで、欠かせない物質の材料になっています。

 

アミノ酸の形で吸収されると、からだの中で”代謝”を受けて、これらの物質に作り替えられ、からだの組織や機能を維持してくれます。

これらの物質を体内でつくるこの”代謝”には、ビタミン・ミネラルが欠かせません。

ところが、ビタミン・ミネラルは私たちのからだの中で必要量を十分に合成することができないのをご存じでしょうか。

そのため、ビタミン・ミネラルはたんぱく質(アミノ酸)同様、食べ物から得るしかないのですが、ビタミン・ミネラルを食べ物から得る=からだの中に入れるには、たんぱく質がアミノ酸にまで分解できる消化力がないと叶いません。

 

ビタミン・ミネラルはアミノ酸から作られるわけではないのに、ビタミン・ミネラルを得るのに、たんぱく質の消化が欠かせない???と疑問に思われますか?

なぜなのかと言うと、ビタミン・ミネラルは、たんぱく質や脂質で作られた細胞膜に覆われていたり、たんぱく質とくっついた形で食べ物の中に存在しているからなのです。

それらのたんぱく質が消化活動によってばらばらに分解されないと、ビタミン・ミネラルが食べ物の塊から流出してこないというわけです。

 

これは、食事だけに限らず、サプリメントでとる場合にも同じことが言えます。

 

口から取り入れたものから栄養素を得るには、消化分解・吸収の舞台である消化管の環境を整えることが大・大・大前提となるということがお分かりいただけましたか?

『どんなものを食べたらいいよ』ということを伝えるだけではなく、消化管の環境を整えること、消化管の状態がどんな状態かを知る方法もあわせてお話することにこだわりをもっているのが私の食セッションです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

【お知らせ】

食セッションでは、自分と向き合い自分に合った食生活・ライフスタイルを見つけるお手伝い、をしています。

あなたらしい食スタイルの提案をする食セッションのご案内はこちらから


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、体内環境に目を向けることをベースにした食のセッションを開催しています。

自分のからだに目を向けるとは?

greens-266560

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

自分らしさと出会える食べ方と食生活の個別コンサルテーション

『食セッション』をしている清水綾香です。

 

『自分のからだに目を向ける』ことが、『自分らしさに出会う』ためのきっかけの1つになると私はお伝えしています。

 

そこでよく質問をいただくのが、

『自分のからだに目を向ける』とはどういうことなの?

具体的に何をすること?

というような質問です。

 

私の言う『自分のからだに目を向ける』というのは

①自分のからだは食べた栄養を活かせる状態に整っているかな?

自分の消化分解能力はどうかな?

腸の環境はよい状態かな?

③自分の気づかないところで、食べたものによってからだをいじめていないかな?

④自分の気づかないところで、からだにムチを打っていないかな(無理を強いていないかな)?

⑤自分は満たされているかな?

といったようなこと。

痛みや不調のある箇所だけでなく、からだ全体、自分全体として捉えるようにします。

 

このサイトにたどり着いた方は、健康に気遣いされている方がほとんどだと思いますが、たとえば、健康を考えて 食べている今の食事について考えてみましょう。

毎日あれこれ工夫して食べているのに

便秘がちとか

風邪ひきやすいとか

爪がもろいとか

疲れやすい

といったことを自覚していらっしゃいませんか?

これらの『からだからのサイン』が出ていても自覚症状として自覚できていないこともあると思います。

 

このようなからだからのサインに気づいている方は、、『何が原因なのだろうか』、『食べているものが良くないのか』、『サプリメントをとっていないせいだろうか』、と悩まれているかもしれません。

 

『栄養療法』というものも徐々に一般的になってきていますが、薬ではなく、サプリメントを使って効果的に栄養素をとることで、症状を緩和したり解消する治療法があります。

栄養療法を試したい方は、栄養療法を行なっているクリニックなどへ行かれるのも一つの方法です。

 

ただ、そのときに考えなければいけないことは、

 『毎日あれこれ工夫して食べているにもかかわらず、なぜ、サプリメントで補わないといけないような栄養不足の状態になったのか』

ということです。

 

現代の食品は、野菜にしても加工品にしても、栄養素が減っているからでしょうか?

そのことも100%ないとは言い切れませんが、それだけではないというのが私の考えです。

 

私たちの健康状態は、食べている食品だけではなく、『自分のからだの状態』に左右されます。

 

どういうことかと言うと、

 

たとえば、

胃腸の役目は、食べ物から栄養素を吸収し、不要なものを便として排泄することだけではないのをご存じでしょうか?

消化分解が十分に行なえない状態が続くことは、じわりじわりと栄養不足を招くことを意味します。

これは、昨今増えているアレルギーや、子どもの発達などにも関わる問題です。

◆寝ても疲れがとれない

◆朝起きるのがつらい

◆風邪ひきやすい、治りにくい

◆コーヒーがないと頑張れない

◆食後2~3時間後におなかが張る(ガス)

◆アレルギー症状がある、悪化してきている  など、

これらは直接的、間接的に、消化分解能力や腸内の環境が関わっているものですが、長い年月を経て、健康の維持に関わる問題ばかりです。

食べ物の消化分解に必要な胃液や膵液などの消化液が十分に分泌できていないと、食べた栄養素が吸収できないだけでなく、腸内環境が荒らされます。

栄養素の吸収が不十分では栄養素の不足が起こり、からだの機能にも支障がでるでしょう。

腸内環境がよくなければ、病気にかかりやすくなったり、アレルギーや花粉症になりやすくなったり、お肌の調子がよくなかったり、子どもの成長・発達に影響が出たりもします。

 

これらの問題に目を向けるには、食べ物をあれこれと悩む前に、自分の状態を知り、それに合わせた食べ方をすることから始まります。

自分の状態を知る手がかりの一つとなる、消化液が分泌できているかとか、腸の動きはどうか、といったことをセルフチェックで確認することも大変役に立ちます。(胃酸分泌チェック、ぜひお試しください!)

 

 

健康を守るために食べるものを見直すことも大切ではありますが、自分のからだがどんな状態にあるかということに関心を持ち、その状態に合わせた食べ方、食生活を送ることのほうがもっと大切なのです。

 

ぜひ、自分のからだの中の状態に目を向けることを心がけてみてくださいね。

 

また、からだたけではなく、からだと精神の調和が大切です。

からだの使い方が感情や思考の状態に影響し、感情や思考の状態によって、からだが影響を受けます。

自分丸ごとに目を向けていってあげてくださいね。

食セッションでもご相談をお受けしています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

清水綾香の食のセッションについてはこちらから

自分らしさと出会える食べ方と食生活の個別コンサルテーション


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、体内環境に目を向けることをベースにした食のセッションを開催しています。

 

 

 

自分の経験から学んだこと

平成26年5月5日現在 005

職業柄、自分の食生活は栄養のことをそれなりに考えて食べてきました。

 

◆ 毎日牛乳飲んでいたのに骨密度が思ったより高くなかった20代。(90%くらいだった)

◆胃もたれや腹部膨満感、頭痛などがたびたび起こるようになった30代。

◆それまでなかった生理痛が気になるようになってきたのも30代。

生理周期により吹き出物が出るようになり、治ってはまたできるを繰り返えすようになった。

 

仕事のストレスが原因かな、くらいにしか考えていませんでした。

30代後半で出産。

 

その後、勉強のために検査した遅延型フードアレルギー検査で陽性の食材があることがわかりショック!

また、カイロプラクティックでアプライドキネシオロジー検査を受け、副腎疲労ぎみであることもわかり、Wショック!!

 

でも、今は副腎疲労もなくなり、遅延型フードアレルギーもうまくコントロールできています。

そんな今があるのは、日本で活躍されている米国臨床栄養士の資格をもつ栄養療法の先生と出逢い、先生から本当の栄養療法を学んだおかげでした。

 

今の私の食に対する考えは、先生から学んだことが原点になっています。

 

自分にとっての健康的な食事、からだが喜ぶ食事って、自分の体と向き合って、それに合った食材選び、食べ方をすることしかないなと思います。

誰かに教えてもらうものでもなく、自分のからだが自分に合うものを一番よく知っているものなのです。

でも、私の場合、 ”自分のからだの声” に従うだけでは私の症状は改善しなかったのです。

改善するにはある程度の ”知識” が必要でした。

 

本来、自分にとっての健康的な食べ物は、自分のからだが教えてくれます。

”からだの声を聴く” というのを、”脳の求めるままに” とはき違えてしまうと、体調不良を招くこともあるという事実。

その自分のからだの声を聴いてあげられるようになるために、からだのしくみのこと、食のこと、正しい知識を知ることからはじめませんか。

 

食べ方と食生活の個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから


清水綾香の食セッション~自分のからだを知ることからはじめよう~

千葉県と東京都で、からだが喜ぶ食べ方と、食の選び方の講座を開催しています。