私たちが食べる究極の目的は

ご訪問いただきありがとうございます。

 

清水綾香です。

 

———–

 

あなたは、何のために食べていますか?

お腹を満たすため?

元気をつけるため?

病気にならないため?

とくに目的を意識したことはない、という方も、もしかしたら、読んでくださっているかもしれません。

人により、食べる目的、食べたい目的って、さまざまありますね。

それらすべて、間違ってはいないと思います。

 

ただ、カラダの立場で見た『食べる目的』は(いまのところ)『エネルギーを得ること』です。

 

 

私個人について言うと、これまでずっと管理栄養士として、仕事でもプライベートでも、立場上当然という感じで、「病気にならないため」や「健康のため」に食事をしていました。意識的にも、無意識的にも、です。どこか、「私は管理栄養士である」ということにとどまっているような感じがありました(笑)

 

でも、今は、『エネルギーを得つづけるため』に食べるのだな、という、ぼんやりとしていながらも、確信を突くような意識で食べています。このエネルギーって、生命力、と言うような意味合いです。

 

そのような意識を持つようになったからといって、より理論に基づいた食生活を送っているかと言うと、むしろその逆です。

今の私は、より自分らしく、TPOに合わせた選択をして食べていて、それは、一見するだけでは、あまり食生活に気を付けているようには見えないときさえ、あるかもしれません。

 

 

前置きが長くなりましたが、今回は、究極の食べる目的について、書きます。

私たちは、栄養素を外から得ることで生きています。

生きるために必要な栄養素と言えば、動くのにも、考えるのにも、休むのにも、まずは、体という肉体が維持できないと始まりません(笑)

子どもを見ていると、小さいからだが月日が経つにつれて成長していく様子がわかるので、「栄養素が必要」と捉えやすいかもしれませんが、大人も同じです。

大人の場合、肉体組織の成長が止まっても体の中では、「新陳代謝」と言って、古くなったものが新しいものに入れ替わる(作り替えられる)ということが起こっています。

それは臓器も、骨も、筋肉も、脂肪も、血管も。

 

全身は、1つ1つの細胞が集合してできていて、役目を終えた細胞が死に、新しい細胞が作られることを繰り返しています。

だから、大人も子どもも外から栄養素を得ることが必要なのです。

 

と言っても、実感しにくいですけどね。

 

 

車が金属の塊と表現されるように、人間は、たんぱく質の塊と、表現されます。

臓器、筋肉、骨、そして、体が働く(動く)ために必要な血液も、ホルモンも、神経伝達物質など、全身のほとんどすべてが、たんぱく質(アミノ酸)が材料になっているからです。

 

私たちは、肉体を維持するのにも、動かすのにも、頭を使う作業にだって、エネルギーが必要です。

エネルギー(カロリー)と言うと、「ダイエット」とか「とり過ぎると太る」というようなことが連想されるかもしれませんが、もっと根っこにある役割に目を向ければ、「生きる」ということと切り離すことのできないものです。

 

エネルギーを生み出すのに必要なのが、「ATP」と呼ばれるエネルギーのもと。

「ATP」は三大栄養素と呼ばれる①糖質、②脂質、③たんぱく質がもとになって、細胞の中で作られています。

その中でもおもに、糖質と脂質を使ってATPをつくるのが、からだのしくみから見て理にかなっています。

詳細は割愛しますが、糖質と脂質からエネルギーを生み出すのには、ビタミンB群、それから、鉄、マグネシウムなどのミネラルが欠かせません。

糖質と脂質はいわば、カラダにとってのガソリン。

ガソリンだけあっても燃焼することはなく、ビタミンB群、鉄、マグネシウムなどが働いて初めて、燃焼する、つまりエネルギを作り出すことができるのです。

 

よく、糖質や油のとり方、運動の仕方で、『太る』とか、『痩せる』ということが語られます。

糖質の量や油の量、それらの摂るタイミング、どんな種類の運動をどのくらい行なうと良いかなども、大切なことがわかってきていますが、その根っこは、ビタミン・ミネラルの働きがカギを握っているということになります。

 

生きている以上、体内でエネルギーを生み出すための活動は、自分にとっては無自覚だとしても、必ず行なわれ続けていくものなので、糖質や油をエネルギー源として活用するために、ビタミン・ミネラルが欠かせません。

カロリーや糖質、油、プロテイン、コラーゲンなど、話題に出やすい事柄だけで、食の目的を捉えるのではなく、そのもっと奥にあるビタミン・ミネラルをしっかりと摂ること(と言うよりも、しっかり体内に取り込み、体内で働かけるようにすること)に意識を向けられるとよいと思っています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


自分らしい食選びのモノサシで 自分が整い、自分らしく自分を生きる

個人セッション・講座の詳細はこちら☞ ご提供メニュー

千葉県と東京都で、個人セッション・講座をしています。オンラインでも可能です。

 

食生活の全体像を知る 一つひとつの食ではなく全体のバランスを 自分に最善の食生活を見つけるには 自分に合った食選びができるようになる 食のモノサシを持つ 心身の健康 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分を好きになる 本当の幸せ 本当の豊かさ おいしいもの 美しさ 安心感 心地よさ 食を慈しむ 自分を慈しむ
https://shokunomonosashi.wordpress.com/

広告

体内の栄養素はチームで働いている

ご訪問いただきありがとうございます。

 

清水綾香です。

 

———–

 

体の外から取り入れた栄養素は、それぞれに役割(働き)を持っています。

けれども、体の中では、一つひとつの栄養素が単独で働いているのではなく、チームで働くことで、体内のさまざまな機能が成り立っています。

どれか1つが欠けても健康を維持することができません。

たった1つの足りない栄養素があるだけでも、欠けた桶では水を満たすことができないように、足りないレベルに合わせて、本来の力を下げることになってしまうからです。

 

欠けた桶のような状態が長きにわたると、いずれそれが一因となって、体の中に本来備わっている生命管理システムの調和の乱れを生むようになり、心身の不調として現れてきます。

 

栄養素のチームは、大きく、5つのグループから成っていて、①ミネラル(45種類以上)、②ビタミン(17種類)、③アミノ酸(20種類以上)、④脂質、⑤糖質です。

 

たとえば、糖質は重要なエネルギー源ですが、糖質だけでは体内でエネルギーを作り出すことができません。

糖質がエネルギーに代わる過程で、ビタミンB群、鉄、マグネシウムが必要だからです。

さらに言うと、栄養素だけが足りていてもエネルギーを十分に作ることができません。

現代人は、処理する情報量も多いですし、エネルギーを効率よく作らないとエネルギー切れを起こしてしまいます。

効率的にエネルギーを作り続けるのには、酸素が欠かせません。

ただ呼吸をすればよいのではなく、“呼吸の質”が問題です。

 

栄養素を活かす上では、呼吸の質も関わるというのは、見落とされがちなことかもしれません。

 

栄養素がチームで働く別の例をもう1つご紹介しましょう。

赤血球には鉄が含まれ、その鉄が不足すると貧血になると言われます。

赤血球の中の鉄は、ヘモグロビンという物質として存在しているのですが、ヘモグロビンはたんぱく質に鉄がくっついた物質です。

そのため、鉄だけが不足している場合だけでなく、たんぱく質が不足していても十分量なヘモグロビンを作れずに、貧血になる可能性があります。

さらに言うと、赤血球がゼロから作られていく過程で、ビタミンA、B6、B12、葉酸、ビタミンC、ビタミンE、コレステロール、銅、亜鉛などの栄養素も必要になります。

 

私たちが自分の食生活について考えるときに、カロリーが高いから・・・とか、糖質を減らした方がいいのかしらとか、鉄が足りていない、カルシウムが足りていない、〇〇の有効成分が体にいいらしい、などと、気になる部分だけを切り取って判断してしまいがちです。

 

けれども、実際の体の中では、すべての栄養素のチームワークで、全身の調和を保とうとしています。

そのようなことから考えると、できるだけ多種類の栄養素を一緒に摂れるほうがいいに決まっています。

栄養素のチームワークが力強いほど、健康の土台づくりに役立つのです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


自分らしい食選びのモノサシで 自分が整い、自分らしく自分を生きる

個人セッション・講座の詳細はこちら☞ ご提供メニュー

千葉県と東京都で、個人セッション・講座をしています。オンラインでも可能です。

 

食生活の全体像を知る 一つひとつの食ではなく全体のバランスを 自分に最善の食生活を見つけるには 自分に合った食選びができるようになる 食のモノサシを持つ 心身の健康 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分を好きになる 本当の幸せ 本当の豊かさ おいしいもの 美しさ 安心感 心地よさ 食を慈しむ 自分を慈しむ
https://shokunomonosashi.wordpress.com/

ビタミンとミネラルは、似て非なるもの

ご訪問いただきありがとうございます。

 

清水綾香です。

 

———–

 

ビタミンと、ミネラルの違い、気にしてみたことありますか?

 

一般的には、「ビタミン・ミネラルなどの微量栄養素が・・・」と、ひとくくりにされて語られたり、「肌荒れにはビタミン○○が・・・」とミネラルよりもビタミンの方が、目にする機会が多い印象もあったりしませんか?

何となく、ビタミンとミネラルは、体の中では同じような役割を持っているのかな、というイメージがあるかもしれません。

 

実は、全く性質も役割も違うものなのです。

ビタミンとミネラルの決定的な違いの1つは、ビタミンは有機物で、ミネラルは無機質、元素の仲間という点です。

5大栄養素と呼ばれる、たんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルのうち、ミネラルを除くたんぱく質、炭水化物、脂質、ビタミンはいずれも有機物です。

有機物というのは、元素が複数結合した物質(分子)なので、有機物は元素でできていることになります。

学校の授業で出てきた、元素周期表、覚えていますか?あそこに並んでいたのがすべての元素。すべての元素のうち、有機物を構成しているものを除いた残りの元素を「ミネラル」と言います。

 

もう1つの違いは、ミネラルは体を構成する成分になっていますが、ビタミンはそうではない、という点。

ビタミンとミネラルはともに、体の中のさまざまな体の働きは、小さな力で大きなエネルギーを動かすのに欠かせない存在です。

これを担っているのが、酵素で、酵素のスイッチを入れるのが補酵素。

ビタミンとミネラルは補酵素の役割を持っているので、微量栄養素と言われ「量」としては多量には必要ありませんが、なくてはならないものという共通点があります。

 

けれども、ミネラルはそのことに加えて、体を構成する栄養素にもなっている、と言う点が、ビタミンとは違います。

たとえば、骨(カルシウム、リン、マグネシウムなど)、歯(カルシウム、リン)、血液の成分である赤血球(鉄)などが、体を構成するミネラルの代表格です。

 

補足ですが、骨も歯も赤血球もたんぱく質が土台になっていて、ミネラルがその隙間を埋めているような構造になっています。たんぱく質が鉄筋で、ミネラルがセメントと、鉄筋コンクリートに例えられたりします。たんぱく質が十分にないと、丈夫な骨、歯、赤血球を作ることができないので、そのことも書き添えておきます。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


自分らしい食選びのモノサシで 自分が整い、自分らしく自分を生きる

個人セッション・講座の詳細はこちら☞ ご提供メニュー

千葉県と東京都で、個人セッション・講座をしています。オンラインでも可能です。

 

食生活の全体像を知る 一つひとつの食ではなく全体のバランスを 自分に最善の食生活を見つけるには 自分に合った食選びができるようになる 食のモノサシを持つ 心身の健康 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分を好きになる 本当の幸せ 本当の豊かさ おいしいもの 美しさ 安心感 心地よさ 食を慈しむ 自分を慈しむ
https://shokunomonosashi.wordpress.com/

体にとって必要な栄養素とは

ご訪問いただきありがとうございます。

 

清水綾香です。

 

———–

 

“We are what we eat.”

これはDr.Roger.J.Williams(ロジャー・ウィリアムス博士)の言葉で、「私たちの身体は、自分が食べたもの(口にしたもの)でできている」という意味の有名な言葉です。

 

ロジャーウィリアムス博士とは、ビタミンB複合体の一種であるパントテン酸の発見者で、葉酸の名付け親でもあります。また、生命の鎖(Chain of the life.)という栄養バランス理論を発表された方。

 

私たちは、食べてエネルギーを得ないと死んでしまう生き物。これを「従属栄養生物」と言います。

一方、植物は光合成を行なうことで、水と二酸化炭素でブドウ糖を自ら作り、そのブドウ糖をエネルギーにして成長します。だから、植物は「独立栄養生物」です。

 

私たち人間は、太陽光に当たり水と酸素を与えられても生き続けていくことはできません(不食の人は可能なのかもしれませんが?!)。

 

私たちは「従属栄養生物」なので、体の外から栄養素を得ることが必要なのですね。「体のために必要な栄養素」とは言い換えると、体を作っている成分と、その体が働くために必要な成分、のこと。

 

私たちの体は何でできているのかと言うときに、よく「たんぱく質の塊」と表現されます。それは、肉体を形作っている骨も、筋肉も、皮膚も、臓器も、そして、体が働くために必要な血液も、ホルモンも、神経伝達物質も、すべてがたんぱく質(アミノ酸)を材料にしているからです。体にとって、たんぱく質はとても大事な栄養素です。

けれども実は、たんぱく質よりも先に必要な栄養素があります。それは、ビタミン・ミネラル。なぜなら、ビタミン・ミネラルがないと体の中でたんぱく質が作れないからです。

 

そのしくみを説明しますと・・・

食べた物に含まれるたんぱく質は、一度、分子レベルでバラバラに分解されてアミノ酸になってはじめて、体内に取り込まれます。取り込まれたアミノ酸が体の中で再び組み立てられて、必要なたんぱく質に作り直されます。この工程で自分の体に必要なたんぱく質が作られ、そのたんぱく質を材料にして、体に必要な物質や組織・臓器ができています。

 

体の中では、遺伝子の設計図の情報をもとに、たんぱく質が作られます。その際には、酵素(亜鉛)と補酵素(ビタミンB6、ビタミンB12)が不可欠です。亜鉛とは、ミネラルの1種です。

 

酵素と補酵素の関係を整理しておくと、補酵素とは字のごとく、酵素の働きを助ける役割を持つものです。つまり、そもそも酵素がなければ、補酵素だけあっても、たんぱく質は作ることができないことになります。

 

ここまで、ちょっと難しい内容ですが何となく理解できましたか?

 

このように考えると、肉体を作っているメイン材料である「たんぱく質」は大事ですが、そのたんぱく質を作るにはビタミン・ミネラルが不可欠で、しかもビタミンよりもミネラルがまず必要になる、ということ。

 

「はじめにミネラルありき」で、私たちの体とその働きは創られている、とも言えるのです。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 


自分らしく、自分を生きる 自分らしい食選び 食のモノサシ

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個人セッション・講座をしています。オンラインでも行なえます。

 

食生活の全体像を知る 一つひとつの食ではなく全体のバランスを 自分に最善の食生活を見つけるには 自分に合った食選びができるようになる 食のモノサシを持つ 心身の健康 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分を好きになる 本当の幸せ 本当の豊かさ おいしいもの 美しさ 安心感 心地よさ 食を慈しむ 自分を慈しむ

爪を強くするケア 続けているのに効果がないとしたら

ご訪問いただきありがとうございます。

清水綾香です。

———–

 

 

自分は、ほかの人に比べて爪が割れやすい

と感じている人はいませんか。

 

ネット検索すると、タンパク質やコラーゲン不足、もしくは乾燥が原因かもしれないというような記事が目に付きます。

 

書いてあることに間違いはないのですが、こういった爪を強くする食品をとったりしていても、1か月たっても2か月たってもあまり効果を実感できないとおっしゃる方がいるんです。

 

『爪を強くする』で検索してみたら、こんな感じの記事が多かったです。


◆爪が割れる原因

・爪の乾燥

・栄養不足・・・たんぱく質、亜鉛、鉄分、ビタミンB6、ケイ素など

爪の材料には、鉄分も必要なことから、爪が弱い人は貧血気味の方もいる。

◆対策

①たんぱく質

爪はたんぱく質の一種であるケラチンからできているので、たんぱく質の食品をとるのがおすすめ。食物に含まれるたんぱく質がアミノ酸に分解されてからだの中に吸収されると、そのアミノ酸を使って爪を作っているケラチンというたんぱく質に再合成されています。

このケラチンへの再合成を促してくれるためには、亜鉛や鉄分・ビタミンB6を多く含んだ下記の食品を摂取するのが良いでしょう。鉄分は、上記に挙げた貧血気味の人にも有効です。

おすすめ食材

レバー
牡蠣
ほうれん草
マグロ
にんにく
鶏ひき肉

 

②ケイ素

爪にはゼラチンも含まれており、その主成分はコラーゲンです。コラーゲンは細胞と細胞を結びつける糊のような役割を果たしますが、そのコラーゲンを効用を助けているのがケイ素と呼ばれる物質です。

ケイ素を含む食品

きび
大麦
じゃがいも
小麦


 

『爪を強くする方法』と言うときに、爪用のクリームや爪強化できるトップコートなどが紹介されるケースもある中で、食生活の見直しを提案するサイトは共感できます。

 

 

でもね、冒頭でもお話ししましたが、こういった爪を強くする食品をとったりしていても、1か月たっても2か月たってもあまり効果を実感できないとおっしゃる方がいるんです。

 

それはなぜだと思いますか?

 

それは、その方の消化管にもカギがあるから。

何を食べるか、どんな栄養素をとるかということも、とても大切なことではあるのですが、それがからだの中にしっかりと届けられているかということのほうがもっと大事。

からだの中に届けられるかどうかが、その方の消化管にかかっています。

 

それを手軽に見分ける方法の1つは、ウンチを見ること。

爪が弱いとしたら、ぜひ、ウンチを見てくださいね。

いいウンチが出ていないとしたら、爪を作るのに必要な栄養素が足りていないのではなくて、届いていない可能性があります。

 

栄養が届いていないことに問題があるとしたら、爪だけではなく、からだのほかのところにも栄養が届いていない可能性が高いってことです。

それは、放置しない方がいいですよね。

 

 
吸収できているかのチェック法

吸収できる食べ方

栄養の活かし方

などについても講座やセッションで お話しています。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


自分らしく、自分を生きる 自分らしい食選び 食のモノサシ

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個人セッション・講座をしています。

 

自分に合った食選び 食のモノサシ  心身の健康 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分が好きになる 幸せ 豊かさ 美しさ 安心感 心地よさ