私たちが食べる目的ってなんだろう

 

 

———–

 

あなたは、何のために食べていますか?

お腹を満たすため?

元気をつけるため?

病気にならないため?

とくに目的を意識したことはない、という方も、いらっしゃるでしょう。

人によって、食べる目的、食べたい目的って、さまざまあると思います。

それらすべて、間違ってはいないと思っています。

 

わたしの捉え方では、

カラダの立場から見た『食べる目的』は(いまのところ)『エネルギーを得ること』です。

 

**

 

 

私個人について言うと、これまでずっと管理栄養士として、仕事でもプライベートでも、立場上当然という感じで、「病気にならないため」や「健康のため」に食事をしていました。意識的にも、無意識的にも、です。どこか、「私は管理栄養士である」ということに縛られていたような感じがありました。

 

でも、今は、『エネルギーを得つづけるため』に食べるのだな、という、ふんわりとしていながらも、確信を突くような意識で食べています。このエネルギーって、生命力、と言うような意味合いです。

(そして、最近は、この生きるために必要なエネルギーは、食べ物からしか得ることができないとは思っていません。さまざまな学びを通して、私の捉え方が拡大してきています。)

 

そのような意識を持つようになったからといって、より理論に基づいた食生活を送っているかと言うと、むしろその逆です。

今の私は、より自分らしく、TPOに合わせた選択をして食べていて、それは、一見するだけだと、あまり食生活に気を付けているようには見えないときさえ、あるかもしれません。

 

 

**

 

 

前置きが長くなりましたが、今回は、食べる目的について、思うことを書きます。

私たちは、栄養素を外から得ることで生きています(このような生き物を、従属栄養生物と言います)。

生きるために必要な栄養素と言えば、動くのにも、考えるのにも、休むのにも、まずは、体という肉体が維持できないと始まりません。

 

体を維持する

子どもを見ていると、小さいからだが月日が経つにつれて成長していく様子がリアルにわかるので、「栄養素が必要」と捉えやすいかもしれませんが、大人も同じです。

大人の場合、肉体組織の成長は止まっていますが、体の中では、「新陳代謝」と言って、古くなったものが新しいものに入れ替わる(作り替えられる)ということが起こっています。

それは臓器も、骨も、筋肉も、脂肪も、血管も。

 

全身は、1つ1つの細胞が集合してできていて、役目を終えた細胞が死に、新しい細胞が作られることを繰り返しています。

だから、大人も子どもも、まずは今の体を維持するために外から栄養素を得ることが必要です。

 

と言っても、実感しにくいですけどね。

 

 

車が金属の塊と表現されるように、人間は、たんぱく質の塊と、表現されます。

それは、体のほぼすべて・・・臓器、筋肉、骨、そして、体が働く(動く)ために必要な血液も、ホルモンも、神経伝達物質など、全身のほとんどすべてが、たんぱく質(アミノ酸)が材料になっているからです。

 

そして、アミノ酸(たんぱく質の材料)を使って、体や体の機能を維持するには、ビタミン・ミネラルがないと行えません。なぜなら、ビタミン・ミネラルは、アミノ酸からたんぱく質を作ったり、そのたんぱく質を使って体の組織や機能に必要な物質を作るときに欠かせない「酵素」という役割を持っているからです。

 

 

エネルギーをつくる、生きること

私たちの体の中で密かに行なわれている肉体を維持する活動、何気なく行なっている体を動かすこと、頭を使うこと、カラダを休めることにだって、エネルギーが必要です。

エネルギー(カロリー)と言うと、「ダイエット」とか「とり過ぎると太る」というようなことが連想されるかもしれませんが、もっと根っこにあるエネルギーの役割に目を向けのると、「生きる」ということと切り離すことのできないものだとわかります。

 

エネルギーを生み出すのに必要なのが、「ATP」と呼ばれるエネルギーのもと。

「ATP」は三大栄養素と呼ばれる①糖質、②脂質、③たんぱく質がもとになって、細胞の中で作られています。

その中でも、おもに、糖質と脂質を使ってATPをつくるのが、体のしくみから見て理にかなっています。

詳細は複雑なので割愛しますが、糖質と脂質からエネルギーを生み出すのには、ビタミンB群、それから、鉄、マグネシウムなどのミネラルが欠かせません。

糖質と脂質はいわば、体にとってのガソリン。

ガソリンだけあっても燃焼することはなく、ビタミンB群、鉄、マグネシウムなどが働いて初めて、燃焼工場が稼働し始める、つまりエネルギーを作り出すことができます。

 

世間では、糖質や油のとり方、運動の仕方などの話題で、『太る』とか、『痩せる』ということが語られています。

糖質の量や油の量、それらの摂るタイミング、どんな種類の運動をどのくらい行なうと良いかなども、大切なことがわかってきていますが、でもその根っこでは、ビタミンB群、鉄、マグネシウムなどのビタミン・ミネラルが適切に働くことが、カギを握っていることになります。

つまり、ビタミン・ミネラルの存在なしに、糖質や油の摂り方、運動の仕方で体重をコントロールするということは、なし得ないです(極論ですが)。

 

生きている以上、どんな食事法を信じて実践していようとも、どんな生活習慣を実践していようとも、体内でエネルギーを生み出すための活動は必ず行なわれ続けていくものであり、おもに糖質や油をエネルギー源として活用するというしくみ(ビタミン・ミネラルが欠かせない)は、若干の個体差はあるものの、人間において普遍的なこと。体のしくみがそうなっているのだから。

 

もう1つ言うと、外から栄養素を得るという場合、食べさえすれば体の中へ、含まれる栄養素がすべて取り込めるというものではない、ということを知っておく必要があります。

私たち人間の体は、小腸にある膜を通して栄養素を吸収する仕組みを持っているので、そのシステムの仕組みに合った食べ方をしていなければ、自分が思っているほど栄養素が体内に取り込まれていない、ということも起こらないとは言えません。

 

体の中はとっても、素直。

 

体の中は自然界そのままです。植物の生き方がとても参考になります。

 

 

 

私たちは、より良く生きるために、自分の体の外側の世界でいろいろなことを努力します。

何を食べたらっもっと良くなるか、何を食べない方がいいのか。

食事のこと以外にも・・・

浮腫みを取るには、冷え性を改善するにはどんなケアがいいのか、何を塗ったらもっと美しくなるか、薬はどっちがよく効くのか、この症状を取り除くにはどんな治療法が一番いいのか・・・ということも。

 

 

私のこれまでの経験からわかること、言えることは・・・

体の中で行なっている『生きるための活動』というのは、本当はもっと純粋で、シンプルなのではないか、ということ。

 

私も、まだ生きている途上ですので、まだ仮説の段階ですが。

そんなことが私の中のどこかでわかっているような気がしながら探求を続けています。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


Spiral Works

布と糸の創作家 aYa ☞ 作品はこちら

食べることは生きること(個人セッション・講座) ☞ 詳細はこちら

プロフィールはこちら

 

ストーリーのある布 美しい布 かっこいい布との出逢い 一期一会 刺繍をほどこし ビーズをあしらい ハサミを入れて 形にすることで 布に新しい生命を吹き込む あなたの夢や願いを叶える セミオーダー・オーダーも承ります

食べることは生きること 自分全体から眺める食生活の全体 食べることは栄養のことではなくカラダのこと 安心感 心地よさ 食を慈しむ 自分を慈しむ 自然の中の私たち

体内の栄養素はチームで働いている

 

 

———–

 

 

体の外から取り入れた栄養素は、それぞれに役割(働き)を持っています。

けれども、体の中では、一つひとつの栄養素が単独で働いているのではなく、チームで働くことで、体内のさまざまな機能が成り立っています。

どれか1つが欠けても健康を維持することができません。

 

 

 

たった1つの足りない栄養素があるだけでも、欠けた桶では水を満たすことができないように、足りないレベルに合わせて、本来の力を下げることになり、

欠けた桶のような状態が長きにわたると、いずれそれが一因となって、体の中に本来備わっている生命管理システムの調和の乱れを生むようになり、心身の不調として現れてくる、と言われます。

 

私は、体の中の栄養素が生きるためには大切は要素になっていると思っていますが、栄養素だけで体の生命力が賄われているとは思っていません。

そのような捉え方をしていますが、ここでは、体の中で生命維持のために働いている「栄養素」にフォーカスして書いています。

 

 

栄養素はチームで働いている

栄養素のチームは、大きく、5つのグループから成っていて、①ミネラル(45種類以上)、②ビタミン(17種類)、③アミノ酸(20種類以上)、④脂質、⑤糖質です。

 

たとえば、糖質は重要なエネルギー源ですが、糖質だけでは体内でエネルギーを作り出すことができません。

糖質がエネルギーに代わる過程で、ビタミンB群、鉄、マグネシウムが必要だからです。

さらに言うと、栄養素だけが足りていてもエネルギーを十分に作ることができません。

現代人は、処理する情報量も多いですし、エネルギーを効率よく作らないとエネルギー切れを起こしてしまいます。

効率的にエネルギーを作り続けるのには、酸素が欠かせないのです。

酸素を取り込む活動というと、『呼吸』ですね。

ただ呼吸をしていればよいのではなく、『呼吸の質』が大切だと思っています。

 

 

余談ですが、呼吸の質がよい(自由な本来の呼吸運動が行なわれる状態)は、落ち着きを生み出します。つまり、呼吸は心の安定や平安とも関わっている。単なる酸素を取り込む活動でもないのです。

そんな話も書きたいですが、また別の機会に。。。

 

 

栄養素を体内でちゃんと活かすというときに、【呼吸の質】も関わっているというのは、見落とされがちなことかもしれません。

 

 

栄養素がチームで働く別の例をもう1つご紹介しましょう。

赤血球には鉄が含まれ、その鉄が不足すると貧血になると言われます。

赤血球の中の鉄は、ヘモグロビンという物質として存在しているのですが、ヘモグロビンはたんぱく質に鉄がくっついた物質です。

そのため、鉄だけが不足している場合だけでなく、たんぱく質が不足していても十分量なヘモグロビンを作れずに、貧血になる可能性があります。

さらに言うと、赤血球がゼロから作られていく過程をみていくと、ビタミンA、B6、B12、葉酸、ビタミンC、ビタミンE、コレステロール、銅、亜鉛などの栄養素も必要です。

つまり、鉄は足りていてもほかの関連する栄養素が足りていないことで、健全な赤血球が作れないということも起こり得るのです。

 

 

単体の栄養素のキャラクターだけで食事の質は成立しない

私たちが食生活の良し悪しについて語るときに、

カロリーが高い・・・、糖質を減らした方がいいのかしら・・・、鉄が足りていない、カルシウムが足りていない、〇〇の有効成分が体にいいらしい・・・など

気になる部分だけを切り取って、捉えがちです。

 

けれども、実際の体の中では、すべての栄養素のチームワークで、全身の調和を適切に保とうとしています。

また、食や栄養素に関する情報で得られるもの(この食品にはこんな栄養素が含まれています、とか、〇〇にはこんな栄養素が効果的ですと言ったような情報)は、人間がわかる範囲(人間が解明できたことの範囲)に限られています。

自然界に存在する、私たちの食材になってくれるものの(植物や動物)に含まれる、いわゆる機能性や効果と呼べるようなものには、まだ人間がわかっていない領域のこと(解明できていない領域のこと)もあるだろう、と私は思っています。

そのようなことからからも、できるだけ多種類の栄養素を活かすような工夫がされた食生活(食材選び、調理法、食べ方)がよいのだろう、と思います。

栄養素がチームワークで働けるように自分の食生活を工夫することは、自分が生きることを支えるのに役立つと思います。

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


Spiral Works

布と糸の創作家 aYa ☞ 作品はこちら

食べることは生きること(個人セッション・講座) ☞ 詳細はこちら

プロフィールはこちら

 

ストーリーのある布 美しい布 かっこいい布との出逢い 一期一会 刺繍をほどこし ビーズをあしらい ハサミを入れて 形にすることで 布に新しい生命を吹き込む あなたの夢や願いを叶える セミオーダー・オーダーも承ります

食べることは生きること 自分全体から眺める食生活の全体 食べることは栄養のことではなくカラダのこと 安心感 心地よさ 食を慈しむ 自分を慈しむ 自然の中の私たち

食生活に気をつける、どこまでやったらいいの?

ご訪問いただきありがとうございます。

 

清水綾香です。

 

———–

 

 

食生活は、【①食事の準備 ②食べる ③食べたものがカラダで使われる(良くも悪くもカラダに影響する) ④不要なものを排泄する】という一連の営みです。

 

その流れの中で、いろいろな要素が複雑に絡み合って、その人自身に影響を与えています。

なぜ複雑になってしまうのかは、食事をとることが、私たち人間にとって、単に栄養素を得ることだけが目的ではないからだと、わたしは感じています。

 

 

現代の食生活のプロセスは複雑

食べた物と一緒に、喉を通過してくる成分は“栄養素”だけではないです。それは、食べ物の選び方によって違ってきます。

食材の調理工程で起こる変化食べ方・食環境などの影響・・・など、“食生活”とひと言で言っても、たくさんのプロセスと要素があります。

 

 

 

さらに、私たちは「人間」なので、食事を作り、食べる行動の背景に、「楽しみたい」「忙しい」「面倒くさい」とか、自分なりのこだわりポイント、自分にとって大事にしたいこと、など、人それぞれに、いろいろな欲求や事情があります。

 

食生活は「生活環境」とセットになっているので、本来あるべき食行動と、実際の食行動とが、かけ離れたものになることもあります。

たとえば、食欲に負けて食べ過ぎてしまったり、仕事の都合で夕食が遅い時間になったり、時間がないから急いで食べる・・・など

 

また、

現代の食事情は、古代のものと比べ、加工食品や外食産業の普及などにより、口にするものの内容は、大きく様変わりしていることは、お気づきだと思います。

私たちのカラダのしくみは、古代からそれほど大きく進化してはいないので、体からすると扱い慣れない成分を扱っていかないといけない。

食べたものを消化吸収し、それを生きるために活かしてくれているのは、「私」ではなく『カラダ』です。

 

 

このように、食べ物まわりのアレコレは、プロセスも多、くたくさんの要素が絡み合い、複雑です。

そのため、通り一辺倒の「〇〇を食べた方が良い、△△を食べない方が良い」という善悪二元論での解決法や、「バランスよく食べる」といった漠然としたアドバイスでは、自分の意図しない方向へ行ってしまうこともあり得ます。

 

せっかく食生活を整えようとしているのなら、自分の意図に合ったもの、自分が思い描いているように実際の行動がとれていくほうがいいですよね。

 

でも、そうなれるためには、自分で情報を取捨選択して、実際にどんな行動をしたらいいかを自分で考えて、食生活を整えていくことが必要になりますが、それは想像しただけでも大変そう。

 

大変そうだと感じるのは、もしかすると、『ちゃんとした食生活は、大変そう』という思い込みがあったり、情報がたくさんあり過ぎて『自分の場合はどうしたらよいか』を何を基準に選べばいいかわからなかったり、情報を自分の具体的な行動に落とし込めないせいであることが、多いように思います。

 

 

 

食べる物を自分で選択する時代にシフトしている

自分がどうなりたいのか、意図や目的を明確にして、いま自分が置かれている環境、持って生まれた自分のカラダの特性とも付き合いながら、食べる物を自分で選んでいく。

 

その選ぶ力を付けていく方法として2つあるでしょうか。

1つは、どの情報が正しいのか、どのやり方がよいのか、ということを教えてもらう方法。誰かの経験がとても参考になることもありますが、教わったこと以外のことはわからないままかもしれません。

もう1つは、たくさんある情報をどう捉えたらいいのか、どうやって情報の歪みを読むのか、どうやって自分に合うものを選び取っていったらいいのかを教わる方法。これだと、自分で自分なりの判断基準をブラッシュアップさせながら、取捨選択できるようになるでしょう。

わたしは後者のようなやり方を勧めします。一生使えるものになる可能性が高いからです。

 

生きるための食べる行為でもある『食生活』を、一般的には『食生活』とひとくくりにして語られますが、私は細分化して、立体的に捉えることをしてきました。

それは、一般的に言われる『バランスの良い食生活』を送るだけでは、わたし自身の体調不良が改善せず、学びを重ねることで食生活が次第に細分化され、より立体的な捉え方をするようになった結果です。

たとえば、私たちの内には、必要な栄養素を見分け、適切に体の中に取り入れて、それを生きるために活かすという能力が、すでに備わっています。

あなたが今それを実感できていないとしたら、まだ気づいていないだけなのかもしれません。

 

管理栄養士になりたてのころの、細分化も立体的な捉え方もできなかったときから比べたら、食生活に対する視野や認知の幅がかなり広がり、より自分にフィットする選択ができるようになったし、食生活への不安などもあまり感じません。

わたしもまだ探求の途上ですが、これから食生活を見直そうと思っている方や、見直しているつもりだが、なんだかうまくいかないとお感じの方には、なにかお役に立てることがあると思っています。

 

自分が【目指したいもの】と【現状】、【理想】と【現実】の折り合いを付けながら、楽しい・嬉しい・幸せと感じられる食生活を育んでいけたなら・・・

それは人生そのものを豊かにすることにも、つながると思っています。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


Spiral Works

布と糸の創作家 aYa ☞ 作品はこちら

食べることは生きること(個人セッション・講座) ☞ 詳細はこちら

プロフィールはこちら

 

ストーリーのある布 美しい布 かっこいい布との出逢い 一期一会 刺繍をほどこし ビーズをあしらい ハサミを入れて 形にすることで 布に新しい生命を吹き込む あなたの夢や願いを叶える セミオーダー・オーダーも承ります

食べることは生きること 自分全体から眺める食生活の全体 食べることは栄養のことではなくカラダのこと 安心感 心地よさ 食を慈しむ 自分を慈しむ 自然の中の私たち

健康になるために してはいけないこと

ご訪問いただきありがとうございます。

清水綾香です。

———–

 

私は、健康であることが良いことだとずっと思ってきました。

症状や病気はないほうが良いと、無意識にどこかでうっすら思っていたのだと思います。

 

『健康でいたい』

『私は健康です』

『健康的な食生活を心がけています』

 

当たり前に使っているけど、『健康』ってどんな状態?

何が良くて、何が良くない?

 

◆生活に支障をきたすような困った症状がないこと?

◆健康診断の結果がよいこと?

◆食欲があり、顔色が良く元気はつらつとしている状態?

◆気持ちが前向きで生きがいを感じている状態?

 

ちょっと想像するだけでもいろいろ出てきます。

 

『健康』にはいろいろな側面があります。

からだ(骨格、内臓、神経など)

精神、心、気分、思考、意識

社会的なもの(他者との関わり、自分らしさ)

自分を取り巻く内と外の環境が、相互にうまくいっている状態が『健康』とされる。

 

私は過去に、12年間くら医療機関で栄養指導をしていました。

 

ほとんどの患者さんが『良くなりたい』と思っていますが、目指すゴールは人それぞれだと知りました。

『健康』の定義は人それぞれでいいのです。

 

医療機関を引退してから、自分なりの勉強と研究の末、気づいたことがあります。

 

それは、

『健康になろうとしなくていい』ということ。

lantern-1982669_1280

逆説的⁈

私の中でもかなり衝撃的な発想の転換でした!

 

これは、自分のからだに無頓着になることでは ありません。

健康を目指さなくていい、ということでもないのです。

 

自分の内に、自分の感覚に

気づけるようになってくると、健康になろうと考えなくてもからだは変わるということ。

 

どんな状態を健康だと思うかは、自分で決めたらいいのです。

さらに言えば、一般的な『健康的』なイメージに合わせなくていいのです。

 

『あんなふうにならなきゃ』

『まだまだ努力が足りない』

 

そうなった時点で健康からは遠ざかるのだから。

 

食べ物や運動が健康に導くわけではない。

食事に気をつけ、運動している自分の『感覚』のほうにカギがあるのだから。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 


自分らしく、自分を生きる 自分らしい食選び 食のモノサシ

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、個人セッション・講座をしています。

 

自分に合った食選び 食のモノサシ  心身の健康 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分が好きになる 幸せ 豊かさ 美しさ 安心感 心地よさ