整体の施術ベッドのボックスシーツ、作れませんか?

 

 

—–

 

 

わたしは、

あなたの希望や願いを叶えるオーダー制作も承っております。

 

 

 

青葉台リーフ整体院の吉原院長から、制作依頼をいただきました。

吉原院長とは、ある講座で参加者同士として、出逢いました。

 

吉原院長は、施術で使うベッドのシーツがほしい、と思っていたそうで、わたしが”作る人”だと知り、『施術台のシーツとか、作れますか?』と、お声をかけてくださいました。

 

めちゃくちゃ嬉しいかったです〜

 

 

**

 

 

まずは、生地選びから始まります。

LINEで、生地の写真を何点かお送りし、お選びいただきます。

整体院のコンセプトに合わせるのに、どのような条件を生地選びにも求めるか、お尋ねしたところ、

 

・ナチュラル系

・肌触りが良いもの

・耐久性

 

ということでした。

 

今回は、コットン100%のフランネル生地をご提案しました。『ネルシャツ』の生地です。起毛のある優しい肌触りでありながら、厚みが程よくあります。

 

 

**

 

 

施術で使うベッドって、こんなです。

 

 

 

 

見たことありますか?パーツがたくさんあるのですね!

 

 

吉原院長が、施術台のメーカーさんから設計図を取り寄せてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

R30とかR50とか・・・ナンジャコリャ!

調べてみましたら、これは曲線のサイズ(半径)でした。

 

そして、コンパスないと型紙が作れないとわかり、買いに行ってきました。

 

コンパス、クルクル〜。

久しぶりのコンパスを回す感覚に、わたし、とても萌えました。

 

 

**

 

 

設計図の寸法そのままで作ると、ピッチピチな仕上がりのシーツになってしまうため、ほどよいゆとりを持って型紙を作りました。

これは、施術台のメーカーさんからのアドバイス。とてもありがたかったです。

 

 

**

 

 

できあがりがは、こんな感じです!

 

 

おぉ〜、なかなかジョウデキデハナイカ!

 

こちらが、吉原さんの整体院。内装、棚などは白で統一されてて、爽やかで居心地いいです。(先日、はじめて遊びに行ってきました)

 

 

ちなみに・・・・

 

シーツの内側は、縫い代のほつれ防止に別布でバイヤステープ作って包みました。

 

 

これは密かなわたしのこだわりで、ちょっとスタイリッシュな感じを出したくて

目立たない生地にするのではなく、ストライプ柄の生地を使用しました。

 

 

セットの中身

 

 

ラッピングは、こんな感じ、です。

 

 

ご注文いただき、ありがとうございました😊

 

 

施術台にピッタリなシーツが欲しいという願いを叶えるお手伝いができましたこと、本当に嬉しく思います。。。

 

青葉台リーフ治療院さま

ウェブサイトはこちら

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中