【講座ご感想】R.I.さま 女性

 

 

ーーーーー

 

 

【お申込み時にいただいたメッセージ】

講座の内容見させてもらいました。

ぜんぶ受けたい!!と大興奮でした☆

ぜひ3つとも受けさせてください!

 

【パート①ご感想】
清水さん

1回目の講座を受けて感じたこと、自分への影響をまとめました。

*感じたこと*

資料として目にするとスーっと流れていきそうな情報が、清水さんが説明してくださると、とてもスンナリ入ってくるなと感じました。

 

なぜか?

・知識と経験の豊富さ

→まず全体を説明してから、具体的な情報を説明してくださるので、ここ大事なところだ!と集中して聞ける。また、その場で疑問に思ったことにすぐに的確に答えてくださるので、なるほど!と意識に浸透しやすい。

少人数制かつ、清水さんのお人柄によるものですね^^

受け手のやる気や興味が強い人ほど、すごく充実した講座になると思います。

・ポイントはきちんと伝えつつ、受け手の感情を波立たせない

→食品系の講座にありがちな、「こわさ」を前面に出さないので(そういうものも、何も意識していない方(清水補足:食事に対してまだあまり意識を向けていない方、の意)へのショック療法としてあっていいのですが)、清水さんの場合は、感情の壁が立たず、情報だけがクリアに入ってくる。

また、あなたのよい塩梅で選びましょう、というスタンスがいいなと思いました。(ここでも、やっぱり清水さんの講座はやる気や興味がある方に向いているなと思いました)

 

*自分への影響*

・単純に、体や栄養、食べ方について知るってなんて面白いんだ!とめちゃくちゃときめきました。もっと知りたくなった^^

・具体的なところでは、特に油の質を気にするようになりました。(個人的に食品の酸化についても気になっていました)たくさんの種類の油を摂りたいなと思い、えごまの粒も気になるので買おうと思います。

 

今回の感想は以上です♪

明日の講座も楽しみにしてます(^O^)/

 

【パート②ご感想】

感想を、資料をあらためて読み直しながらまとめました。

何度読んでも、その都度発見があったり、今はここが気になるな~というのが出てきたり、本当に奥深く多岐に渡る内容にしてくださってるなと思いました。

ありがとうございます\(^o^)/

さて、前回の講義を受けたあとに取りかかったのは、環境ホルモン対策でした。(添加物や農薬は生活のなかでできる限り排除していて、消化機能もわりといい方なのかなという感じだったので、無頓着だったプラスチック系についてひとつひとつ見直しました)

例えば、プラスチックのタッパーに残りご飯を入れていたのを、野田ホーローの容器に少なめに入れて、プラの蓋には触れないようにしたり。

あとは、私はネルドリップでコーヒーを飲むのですが、毎日、布製のネルを洗ったあと、水と一緒にプラスチックタッパーに入れて冷蔵庫で保存していましたが、これもやめました。(ご存じかもしれませんが、ネルはずっと水に浸けて保存しておくのです)

衛生上、毎日タッパーを熱湯消毒していたので、これはいかん!と^^;

ただ、味はネルドリップを使ったものが好きなので、毎日熱湯消毒できる容器…と考えて、 陶器の入れ物に木のふた、のバター入れを使うことにしました。

頭を使って試行錯誤を諦めなければ、生活の豊かさを損なわない、いい案が出てくるなと思いました。

トマト缶も、ビン詰めのものに変えました。(料理好きの旦那さんがよくトマト缶を買ってくるので、清水さんの資料を見せながら説明し、協力を得ました。)清水さんの資料はよくまとまっていて恐くないので、男性も受け入れやすいみたいです(*^_^*)

豊富な栄養指導経験のたまものかな。

ただ、私の問題で、旦那に資料を見せるぶんにはすぐに理解してくれていいのですが、講義の内容(腸のバリア機能の話など)を詳細に説明しようとするとグダグダで^_^;、以外とわかったつもりでふわっとしか理解できてないんだな、と反省しました。

講義のあとに、何度も読み返して復習しようと思いますm(__)m

そして、今は野菜を買ってきたあとに、野菜の向きを気にしたり、大根の葉を切り離したり、より栄養をたくさん取り入れる保存を心がけ始めています。

清水さんの資料を読み返すたび、次はこれをやってみよう、と楽しくトライできてます(^^)d

本当に素敵な講義をありがとう。

ではでは、前回の感想は以上になりますm(__)m

明日の講義も、とても楽しみにしてます♪♪

 

 

【パート③と全体を通しての感想】

今までいろいろやって来たけど、試してみたけれど、今いちどうも体調がすぐれないと言う人にオススメできると思う。

いろんなHow toを試したけど、どのメソッドも合わなかったというような人。

やり方が間違っているのではなくて、偏っているだけなのかもしれないよ。全部の方向をやることが大切なんだということが、整理された形で入ってくる講座だった。

食生活の1つ1つのことではなく、「全体」なんだな、全体のバランスや配分なんだなということ。

バランスをとっていくにあたり、食を細分化して説明してくれたので、バランスを取りやすくなった。

世にある食生活の方法が局所的なものだということがまだわからない人、気づいていない人に知ったもらいたい。

「食生活は体のこと」というテーマを、カラダ、ココロ、アタマのことを少しずつ解体して伝えてくれる内容だった。

体、体という話ばかりではなかったのに、体に意識を向けられるように、体と繋いでくれた感じ。

3回にわたり、ありがとうございました。

 

 


Spiral Works

布と糸の創作家 aYa ☞ 作品はこちら

食べることは生きること(個人セッション・講座) ☞ 詳細はこちら

プロフィールはこちら

 

ストーリーのある布 美しい布 かっこいい布との出逢い 一期一会 刺繍をほどこし ビーズをあしらい ハサミを入れて 形にすることで 布に新しい生命を吹き込む あなたの夢や願いを叶える セミオーダー・オーダーも承ります

食べることは生きること 自分全体から眺める食生活の全体 食べることは栄養のことではなくカラダのこと 安心感 心地よさ 食を慈しむ 自分を慈しむ 自然の中の私たち

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中