アップデート【私の食歴】すべては自分次第だった・・・からだと心のあり方

ご訪問いただきありがとうございます。

自分が好きになるBody✕Mind整えコンサルテーション

・・**食セッション**・・をしている清水綾香です。

———–

 

今の自分に至るまでの食に対する考え方がどのように変わってきたか、自分自身のためにも記しておこうと思ったから。

その時の記事はこちら【私の食歴】 食べもの選びに何を優先してきたか

 

そのときに記した『私の食の変遷』はこのようなものでした。

①栄養バランス優勢期

②栄養の”質”優勢期

③食の安全性優勢期

④自分のからだの状態優勢期 ←今ここ

⑤食べものの見えない力と自分のからだとの共鳴を目指す

 

それまで大事だと思って身にまとっていたさまざまなものが、実は不要なものだったと気づき、1枚1枚皮がむけるようにして本質に近づいてきた、そんな自分のステージの変化をこのように表現しました。

これを書いた時点で、自分はかなり本質に近いところまで到達してきているなぁ、と実感していました(ところが、まだまだだったわw)。

それまでの自分を振り返ってステージごとに振り分けていくと、この時の私は4段階目にいて、その先にイメージできるものが最終地点=『食』の本質だなと思っていて、それを『食べ物の見えない力と自分のからだが共鳴できている状態』だと表現しました。

そんな状態に最終的にはなりたいという願望を込めて。

 

 

さて、ここからこの記事の本題。

上記の4段階目と5段階目の間に、実はまだステージがあった(笑)

この2ヵ月くらいで、私はさらにひと皮むけまして、今までの自分では持っていなかった思考・感覚を手にしました。

正確に言うと、今までの自分が持っていなかったのではなく、うすうす気づいていたことだったのですが、自分のやっていることと結びついていなかっただけでした。

 

それは何かというと『自分のからだと心の状態次第』ということ。

 

よく言われますよね、からだと心は繋がっているって。

でも、これって真実味を帯びていながらどこか頼りないというか、気の持ちようでしょ?とか、感覚的な問題として片づけられてしまうものでもあったりする。

今、思い返すと、7年くらい前から私は からだと心は繋がっていて双方に影響し合っている、そしてそれが体調や気分や病気などに関わっている ということを考えるようになっていました。

当時、そのことを自分なりに研究して突き詰めたいと思って必死に参考書籍を探しましたが、現実的には、それらを読む時間を作ることがないまま購入した本は放置されてしまっていた。

 

それがね、不思議なもので。

family-hand-1636615_640

ここへ来て、からだと心の繋がりについて、生理学的に科学的に理系脳の私でもしっかりと腑に落とせる、そして何よりしっかりと体感できるメソッドに出会えてしまった。ただいま目下、体得中!

私自身がからだと心のつながりを体感し、からだでその違いに気づいてしまったので、それを使わない手はない。ということで、食セッションでも、このことをお伝えし始めました。

過去に、私の講座やセッションを受けた方でも、今の私がお伝えしていることはだいぶ進化してしまったので、もう1度受ける価値ありますよ!

 

当時買った本も今だからこそ本気で読みたいですし、体感したことを活字で頭に入れることで、さらに整理され深められるだろうなと思っています。これ、今年の目標にしたい。

 

 

どんなに良いものを食べたとしても、それが活かせるかは自分のからだの状態次第だということを学び、自分自身もそれを体験しからだによい食べものについてや食の安全性について語ることを止めました。

何を食べたらより健康になれるか、健康になるためには何を食べないようにしたらよいか、そのことを追いかけるより前に、自分のからだがどんな状態にあるか知ること、それに合わせて食べること、そして自分のからだの状態を高める努力をすることこそが大切なのだと気づいたから。これが私にとっての4段階目のステージでした。

食べたものを吸収するのは自分のからだ(消化器)。なぜなら、食べたものを飲み込んだだけでは、食べものはからだの外側をただ通過しているだけにすぎないから。そう、口から肛門までの消化管はからだの内側に存在こそしていますがまだ外界だからね。

そして、その吸収された栄養素を使ってからだの中で必要な物質に作り替え、必要な機能のために活かすわけですが、それができるかかどうかも自分のからだの状態次第なの。

と、そう思ってやってきたのですが、そこにはからだの状態だけでなく、精神の状態・・・つまり思考や感情など心の状態をも大きく関わっていたことを忘れていたのです。

 

私が食べもの選びに何を優先するかというエッセンスがどのように変化してきたかを表現した『私の食の変遷』、あっさりアップデートします!

①栄養バランス優勢期

②栄養の”質”優勢期

③食の安全性優勢期

④自分のからだの状態優勢期 

⑤自分のからだと心の状態の調和こそ大事 ←今ここ

⑥食べものの持つ見えない力(エネルギー)と自分の存在(BodyとMind)とが共鳴している状態

 

わかる人にはわかる、わからない人には単なる怪しいだけの管理栄養士♡

わかりたい人にだけ、伝えていきたいの。

 

私の食に対する考え方が変化した際には、また記事にしていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

■現在ご案内中のメニュー■

自分が好きになるBody✕Mind整えコンサルテーション

・・**食セッション**・(90分間の個別セッション)

あなたは自分自身を楽しめていますか?

あなたのBodyとMindは自分の人生を楽しめる環境が整っていますか?

健康に気をつけているだけでは
健康には向かっていかないのです

自分の心と向き合っても幸せは感じられないのです

その前にやること、

忘れていませんか?

自分が好きになるBody✕Mind整えコンサルテーション

清水綾香の食セッション

清水綾香のプロフィールはこちら
お問い合わせ
●自分が好きになるBody✕Mind整え個別コンサル 食セッションのご案内はこちらから
●Body✕Mind✕Foodがテーマのお茶会(ワークショップ) 食セッション☆アンティパスト
お申込み
ホームページ

 


清水綾香の食セッション ~幸せを感じられる生き方と食べ方の個別コンサルテーション

https://shokunomonosashi.wordpress.com/

千葉県と東京都で、自分の内を大切にする生き方と食べ方の個別コンサルテーションをしています。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中