【私の食歴】 食べもの選びに何を優先してきたか

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

清水綾香です。

 

私はもともと食に対する興味が強く、管理栄養士という職業の影響もあり、これまでの私の人生を振り返っても、食べものの選び方にはその時期(時代?)ごとにこだわりを持って行なってきました。(うゎ、大げさだw)

私自身の成長、学びに合わせて、食べものの選び方はさまざまな変遷を遂げ、今に至っています。

私も今でこそマニアックな域に来ていると自覚していますが、(実は、自分ではマニアックではなく、研ぎ澄まされてきたと思っている)、管理栄養士になりたての頃からそうだったわけではありません。

今の私の”食のものさし”は、管理栄養士になるために学校で勉強した内容とはだいぶ変わってきているからです。

そのような見方、考え方もまったのには、自身の体調不良の経験<副腎疲労><食物過敏>や子どもを持つ親になったことも大きかったです。

最近では食べもの選びだけにとどまらず、暮らし全体において、ものを選ぶときの”わたし基準”ができてきたと感じます。

 

かと言って、とことん理詰めで選んでいるわけではないです。

表示してある内容が読み解けることには喜びを感じますが、表示に記載されている成分の特性を熟知しているとか、すべて把握したい願望があるとか、そういったことはないのです。

『知りたい!』と思ったときは調べることもありますが、気になりつつも調べようと思ったまま忘れてしまったりして、一旦はスルーしてしまうことも多々あり。

でも、”時”が来るとそのことを学ぶきっかけが訪れたり、自然な流れで情報が舞い込んで来たりするので、その流れに従うようにしています。

と言うと、聞こえが良いですが、正確に言うと面倒くさがり屋なところや忘れっぽいところもあるのですね(汗)

そこが、私の”曖昧さ”でもあり、きちんとし過ぎていなくて”ほどよい”と言っていただけるところなのですが。

 

さて、私のこれまでの変遷を書き出してみました。

①栄養バランス優勢期

②栄養の”質”優勢期

③食の安全性優勢期

④自分のからだの状態優勢期 ←今ここ

 

 

私としては、各世代とも、なかなかよいネーミングができたなと自負していますが、もしかしたら、私以外の方はこのタイトルだけでは『???』なのかもしれないけど、まぁ、いいか。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 


自分らしく、美しく咲き誇る

http://ameblo.jp/tea-tree-and-more/

千葉県と東京都で、個人コンサルや講座をしています。

自分との対話 魂の声 ココロの声 カラダの声 本来の自分 自分らしさ 自分が好きになる ハーバルタロットカードを使った対話 ハーバルタロットカード 数秘

広告

【私の食歴】 食べもの選びに何を優先してきたか」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中